スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日目

○豊真将<西十6・3-1>(おしだし)東龍<東十3・1-3>●

豊真将押し込んで、相手が左でまわしを取りに来たところ、
右の上手を難なく取って出し投げで泳がし、最後は押し出す。


○鶴竜<東大関3-1>(つきおとし)妙義龍<東関脇2-2>●

妙義龍低い当たりから一気に押し込むと、
鶴竜たまらず、よびこむようにマトモに叩く。
その機に乗じ土俵際まで妙義龍攻め込んだが、
鶴竜すかさず体を左にひらき突き落とす。

相手が妙義龍だったから仕方のない面もあるが、
ここ数場所の鶴竜はほとんどが受身の相撲だ。
自ら前に出るということがあまり無い。



○稀勢の里<東大関3-1>(おしだし)松鳳山<東小結0-4>●

立ち合い松鳳山突いて出ようとするが、稀勢の里下がらず。
動きの早い相手をよく見ながら突いて逆襲、最後は押し出す。

昨日の敗戦を引きずることなく、今日は落ち着いて勝った稀勢の里。
それにしても今場所の松鳳山は手数の割りに足がでていない印象。
ひとりで上半身だけバタバタしているような。


○白鵬<東横綱4-0>(とったり)栃煌山<東前二・2-2>●

初日鶴竜、三日目稀勢の里と大関を二人破って波に乗る栃煌山。
白鵬が調子を落としていることもあって、期待したのだけれど。

白鵬立ち合い当たってすかさず左に体を開き、
栃煌山の右手をたぐってとったり。

そうだ白鵬はこれがあった。忘れていた。
私は忘れていてもいいが栃煌山は忘れていては駄目だ。

どうでもいいのだが、この決まり手、
最初の場内アナウンスでは「かいなひねり」の発表。
「かいなひねり」は柔道の一本背負いのような技で、「とったり」とは取る腕が反対である。
変だな、と思っていたらすぐに訂正されたが、決まり手係はしっかりしてほしい。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。