スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五日目

○豊真将<西十両6・4-1>(おしだし)誉富士<西十両5・3-2>●

誉富士は立ち合いのぶちかましから前傾姿勢の豊真将をどうにか突き起こそうとするが、
豊真将下からあてがい落ち着いて対応、決して崩れない。
誉富士が攻め疲れた機を見て、さっと左にいなしてからの押し出し。

格の違いといったところか。
これで序盤戦を1敗で乗りきった。
中盤、終盤も同様に行ってくれれば…

十両六枚目の今場所、ひとまず11勝4敗くらいなら、
数字上は勝ち越し7点で再入幕がかなう。
もちろん他の力士の星取りにもよるのだけれど。

まあ気が早いか。


○高安<西前頭筆頭3-2>(したてなげ)鶴竜<東大関3-2>●

鶴竜は立ち合いから突っ張りを選択。
しかし高安下がらず得意の左を差し、右から抱え込む。
苦しくなった右四つの鶴竜、右を巻き変えにいくが高安これを許さず、
逆に右の上手もがっちり引いて、大関相手に堂々自分の四つに持ち込む。

左四つがっぷりでしばし静止。
鶴竜は足をとばしたりもするが、どうにも打開できない。
ままよと寄って出たところ、高安すかさず右からの上手ひねり。
これは鶴竜ほとんど左ひざを着きそうになりながらも堪え、そのまま寄って出たが、
土俵際に追い込まれた高安が今度は左から引きずるような下手投げ。
二人いっぺんに土俵下に転落。

行事の軍配は最初鶴竜に上がったが、物言いがつき、
けっきょく差しちがいとなった。

二日目の白鵬との巻き替えの応酬。
三日目日馬富士への張り差し。
この日は鶴竜相手に堂々自分の四つ身を作り…
高安が何だかすごいことになってきた。


稀勢の里は千代大龍のカチアゲ、のどわ攻め、いなしで最後は送り出され撃沈。
序盤2敗で綱とりはなくなった。

琴欧洲、琴奨菊の佐渡ヶ獄両大関は好調で5連勝。
二人とも内容もよい。
優勝争いへの参加を期待したいが、たぶん二人とも中盤終盤崩れるだろうから、
やっぱり期待しない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。