スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一日目

勝ち越しかかる豊真将、今日の相手は29歳で今場所新十両の琴弥山。

●豊真将<西十両六・7-4>(おしだし)琴弥山<西十両十四・5-6>○

琴弥山は立ち合いから右のノド輪で豊真将を牽制。
豊真将がそれでも圧力をかけつつ、ノド輪をあてがって外して前に出た瞬間、
右に体を開いていなし、そこからちょんと押し出す。

勝ち越しリーチから連敗の豊真将。
疲労か、おとろえか、うーん。


一敗の琴欧洲はすでに四敗の日馬富士の立ち合い右への変化に面食らい、左腕をとったられて敗れた。
左への変化は頭にあったろうが、裏をかいてきた横綱の勝ちだった。

しかしこんな相撲しかとれないのでは、日馬富士は休場したらいいのに。
横綱なんて負けがこんだら、何でも病名をでっちあげて休むのが普通だと思うのだが。


白鵬は鶴竜に勝利し、全勝キープ。琴欧洲と二差となって、いよいよ独走態勢。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。