スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大砂嵐が入幕

九州場所を2週間後にひかえ、新しい番付が発表された。

目玉のひとつは新入幕、エジプト出身の大砂嵐。
前相撲からはじめて初土俵から10場所での入幕は、
常幸龍の9場所についで年6場所下史上2位のスピード出世。

記者会見のようすをニッカンのサイトから。

会見では「幕内力士はみんな強い。オレの相撲は80、90%がパワー。幕内の相撲とは全然違う。もっと腰を下ろして、突っ張ってまわし取って前に出る。これからもっともっと稽古します」と意気込みを話した。


本人も言うようにその相撲ぶりは腰が高い。身体も硬い。
技術面もいまだ発展途上なので、容易に相手のいい格好を許してしまう。
それでも桁違いのパワーで強引に振りまわし、勝利に持ち込む…そんな印象がある。
時事通信のサイトではこんなコメントも紹介されていた。

「いい相撲をまだ取れないし、もう少しゆっくりでもよかった」と控えめに喜んだ。


控えめなのはポーズではなく、正直な思いだろう。
横綱貴乃花を敬愛し、横綱になりたいと公言する大砂嵐。

頭の中には自分なりの理想である「いい相撲」がある。
しかしそれが「まだ取れない」というジレンマ。
今の自分が幕内で取る、というのは、
高い志と自身への冷静な視線をあわせもった(ように映る)彼にとって、
時期尚早と感じられるのかもしれない。

今の相撲振りからすると、
正直幕内では勝ち越せるかどうか、ギリギリの線にも見える。
手だれの力士たちに中に入られ一気に勝負をつけられ、
持ち前のパワーを活かす間もないまま土俵を割る、そんな日々が続く可能性も高い。

ただこの自分を客観視できる知性と、高い理想。
そして母国の大学を中退して来日し、6つの部屋に入門を断られながらも粘りに粘って、
ようやく大獄部屋に入門を許されたという土性骨の強さ。

たとえ今場所いい結果が出なくとも、いずれは上位に食い込んで来るだろう。
ただ願わくは、性急に勝ちを求めるあまり力任せの相撲に固まってしまわないこと。

把瑠都や阿覧といった、素質の割に最終的には残念な土俵人生で終わってしまった力士たち。
相撲ファンは彼らの不完全燃焼な引退劇を、立て続けに見せられたばかりだ。
どうかこの人には大きな花を咲かせてほしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。