スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安な遠藤

九州場所 前売り30%増 浅香山親方の効果あった!? (スポニチ)

九州場所の前売りが昨年よりも30%増加し、人気が回復傾向にあることが分かった。

楯山担当部長(元関脇・玉ノ富士)は「おかげさまで昨年よりも30%いいと聞いている」と笑顔。今年から九州場所担当に抜てきされた浅香山親方(元大関・魁皇)が地元テレビ番組に出演してアピールを続けているだけに「効果があったんじゃないか」と分析していた。

2013年10月30日 06:00


ひところはテレビの映像からも、閑古鳥の鳴きっぷりが伝わってきた九州場所。
お客さんが戻ってきたのは嬉しい限り。

記事が言うように、浅香山親方の功も大きいのだろう。
しかしそれ以上に、皆がチケットを買いに走った動機は、ルーキー遠藤の活躍かも知れない。

その遠藤。昨日早朝のニュース。

遠藤 “ぶっつけ本番”も 実戦稽古できず「巡業は後悔していない」(スポニチ

大相撲の幕内・遠藤(23)が“ぶっつけ本番”で九州場所(11月10日初日、福岡国際センター)に挑む可能性が出てきた。

追手風部屋宿舎(福岡市西区)で九州乗り込み以来初めて朝稽古に参加したが、9月の秋場所中に痛めた左足関節の状態が思わしくなく稽古場の隅で四股やすり足を行っただけ。師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)は九州場所の出場は明言した一方で「万全の態勢で場所は迎えられない」と話し、場合によっては実戦的な稽古を再開しないまま初日を迎えることも示唆した。

途中休場した秋場所中に提出した診断書は「左足関節捻挫で約3週間の安静加療を要する」だった。その後、秋巡業の全日程に参加したこともあって1カ月以上経過しても完治していないが、本人は「巡業に出たことは後悔していない。16年ぐらい相撲をやっているので1カ月近く休んでも(今までの努力が)パーになるわけじゃない。プラスに考えたい」と前向きだ。

2013年10月30日 06:00



何しろ人気者であるし、今回の巡業は地元の石川県なども含んでいたので、
休みたくても休めない事情があった。
しかしそれで怪我も長引いている。
本人のコメントも「前向き」というよりいささか悲壮感が漂うような。

こちらは今朝のニュース。

遠藤 負傷後初めて土俵に入り立ち合い確認、遠い本格稽古(スポニチ)

左足首を痛めて秋場所を途中休場した遠藤は負傷後、初めて土俵に入り、立ち合いを確認した。

若い衆を相手に立ち合いから押していく稽古を繰り返したが、本格的な稽古にはほど遠い状態。「当たれたことは良かった。痛いからやらないということはない。我慢してもやらないと」とまだ足に痛みがあり、本調子ではない。「足とうまく付き合っていくことがテーマ。先場所は休場したので15日間取り切りたい」と話していた。

2013年10月31日 06:00


コメントからは皆勤できるかどうかも不安、という本音が見え隠れする。
場合によっては途中休場ということもありそうだ。

怪我は土俵で治せ、とも言うが、将来のある人だけにあまり無理はしてほしくない。
思い切って初めから休むのも手ではないかと思うのだが。

九州のお客さんは一時がっかりするかもしれない。
しかしその分ここで完治させて、復帰した遠藤が順調に番付を上げ、
来年の新三役デビューを間近で見られる、なんてことになれば。

それで納得してくれるのではない…か…な?ダメかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。