スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日目


今日のテレビ中継、正面解説は元大関増位山の三保ヶ関親方。
私は千代の富士が横綱になったあたりから相撲を見始めたので、
この人の現役には間に合っていない。
歌のじょうずな親方、程度のイメージしかなかったり。

現役時代は細身の体で足技を駆使する力士だったそうで、
中入りや取り組みの合間にその異能振りを紹介するVTRが次々紹介される。
これが滅法面白く、初代の貴ノ花を四場所連続内掛けで倒したり、
圧巻だったのは福の花を右内掛け、残る足を左外掛け、というコンビネーションで倒した相撲。
どんだけ足腰いいんだろうと驚かされた。
そんな増位山にほれました。

またこんな人が出てくれると、お客も来るだろうな、と
初日から日を追うにつれガラガラになっていく館内の映像を眺めながら思う。
そんな三日目。


●稀勢の里<東大関2-1>(こまたすくい)安美錦<西前一・2-1>○

立ち合い稀勢の里左のまわしを引いて前へ出るが、安美錦に右の上手をあたえてしまう。
俵に足のかかった安美錦、この上手で出し投げ気味に稀勢の里を振り回せば、
稀勢の里左手一本で強引に引き付けて安美錦を寄り切ろうとする。
しかし安美錦俵づたいに右へ回り込んでこれを残すと、も一度右出し投げ。
土俵中央に場所を戻し、やおら稀勢の里の左足に手をかければたちまち横転。

安美錦は右の上手を引くと、左腰を引いて左腕をのばし、右へ右へ回り込む。
大関に右からの仕事をさせない。
稀勢の里はまあ片手でもいいやと左手一本で勝負に出て、
土俵際まで追いこみヤア決まった決まったと喜んだが、
何気に残され泡を食ったのだろう。

やっぱりキセはどこかで取りこぼすよなあ…


○松鳳山<東小結1-2>(よりたおし)琴欧洲<西大関二・1-2>●

立ち合い優った松鳳山、モロテ突きから左四つになるとそのまま前へ。
琴欧洲土俵際左からすくい投げを見せるが松鳳山はその腕をまた小手に振り、共に土俵下へ。
軍配松鳳山でいったん物言いがついたが、軍配通りとの裁定。

気になったのは琴欧洲で、土俵下へ落ちた後左の肩をしきりに痛がっていた。
カド番で休場、となれば陥落は必至だが。


大砂嵐は千代鳳に中に入られたが、左の上手横ミツから強引にブン投げて勝利。
無茶苦茶な相撲だったがまあ勉強中だし。
花道奥ではニコニコ顔。

昨日怪我をした琴奨菊は今日から休場。
右大胸筋の断裂、全治三ヶ月とのこと。
初場所の出場も怪しくなってきた。

鶴竜は豪栄道のつきおとしにバッタリ。
三日目で大関陣の全勝がなくなった。
一方両横綱は共に三連勝。内容もよい。
実況の吉田親方は、これは今場所両横綱を中心に展開していくのかとの御言葉。
まあそうかもしれないが、まだ、まだ、キセの芽だってなくはないよと思いたいけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。