スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日目

本日のテレビ解説は正面に元黒姫山の武隈親方と北の富士さん。
向う正面は廃して正面ダブル解説で賑やかな放送となった。

武隈さんの現役時代、わたしは世代的にかろうじて引っかかっているくらい。
ほんとに晩年の姿しか知らない。
「デゴイチ」と呼ばれた全盛期の相撲を今日はいろいろ見せてもらい堪能。

いつも向う正面で辛口の解説を聞かせてくれた武隈さん。
今場所で定年退職となるため、もうそれもなくなってしまう。
結構楽しみにしていたのだが…
たまにゲスト解説で出てくれないかと思う。

そんな四日目。


●大砂嵐<西前十五・1-3>(つきだし)玉鷲<西前十一・2-2>○

昨日入幕後初の勝利をかざった大砂嵐。
昨日は取組の後、満面の笑みだったが、
今日は取組前、支度部屋では何を聞かれても「ダメです、ダメです」の一点張りだったらしい。
たしかに勝つには勝ったが内容的にはほめられたものでもなかった。
おそらく自分でVTRを見て喜びも半減してしまったのだろう。

横綱貴乃花に憧れる彼にとっては、
今の自分の不恰好な相撲はどうにも満足できるものではないのだと思う。
現状はともかく、この人の理想の高さは買いたい。
いずれそれが財産になるだろう。
力任せの相撲でも勝てば喜んでいた、今までのパワー系外国人力士と違って好感が持てる。

今日はベテラン玉鷲に立ち合いカチアゲを試みたが、
距離があってちっとも届かず。
腰も高くて一方的に突っ張られ完敗。
レポートではまた支度部屋で「ダメです」を連発していたらしい。
早く「今日はよかった」と言える日がくるといいのだが。


遠藤が初日を出した。

●時天空<東前十・1-3>(おしだし)遠藤<西前七・1-3>○

左足首の怪我にもかかわらず、出場を強行した遠藤。
初日から三連敗だが、内容的には徐々に動きがよくなっている。
今日の相手はこちらも足の状態が悪そうな時天空。

時天空立ち合い二度突っかける。
どうみても早すぎるタイミングで、動揺させてけたぐり?と思ったが、
三度目はふつうに左からの張り差しで立った。

相手の陽動作戦にも慌てず騒がずの遠藤、その張り手を右からおっつけて前進。
時天空そのおっつけを嫌うように左へまわりこんで払うが、
逆に遠藤そこにつけいって押し出す。

場所前は正直休んでほしいと個人的には思ったくらいの遠藤だが、
なんだか動けている。
ま、今日は調子を落としている相手のようでもあるし、
何ともいえないが、案外星をのばしたりして。


豪栄道は松鳳山を押し込んでおいての引き落としで4連勝。
連日引き技での勝利だが、立ち合いそれだけ圧力があるということでもあるし、
悪くないのでは。

昨日負けた稀勢の里は隠岐の海を左差し、右の上手もしっかりとって寄り切った。

琴欧洲は今日から休場。左肩の脱臼だそうだ。
カド番で休場、再出場も難しそうで、来年初場所は関脇陥落となりそう。
気の毒だが、鶴竜との最近の茶番劇などを見ていると、
この人がいつまでも大関なのは正直違和感があった。
豪栄道が上を狙いつつある今、番付を整える意味ではいいタイミングかもしれない。

両横綱は安泰。

武隈さんファイナルの本日のコメント、
面白いものがいくつかあったが今日は書いておく時間が無い。
休みの日にでも書き加えておこう。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。