スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十日目

千代大龍十日目で勝ち越し

○千代大龍<東前六・8-2>(おしだし)北太樹<西前九・5-5>●

北太樹左へ変化気味に立って上手を取りにいくも、
千代大龍よく見て突いて出て正面土俵に押し出す。

右上手左差しの北太樹としては、
相手がそこを読んで左から当たってくることを予期したか、
避けるように左から攻めてかえって墓穴を掘った。

糖尿病からくる網膜剥離で場所前は手術もしたという千代大龍。
心配されたが三場所ぶりの勝ち越しを十日目で決めてしまうという上々の星取り。
平幕勝ち越し第一号でテレビ中継ではインタビューに呼ばれたが、終始笑顔だった。
この調子だと上位との対戦が組まれるかも、との問いには、やりたいです、と意欲的な返答。
この人の一発相撲が上位を引っかき回すと場所も盛り上がるのだが。


遠藤が高安を破る

●高安<東前三・1-9>(うわてなげ)遠藤<西前七・4-6>○

高安右で張って先に右の上手を引くも、
遠藤左半身から相手の差し手をぐっと絞り右上手を取ると、
差し手を抜いて相手の上手も切り豪快に右から上手投げ。

今場所の高安は不振とはいえ、一応先場所は小結。
入幕二場所目の遠藤は、そんな相手をテクニックと柔らかさで簡単に料理した。
おいおい、こんなに強いのかと嬉しい驚き。


豪栄道は連敗・4敗に

●豪栄道<東関脇6-4>(したてなげ)豪風<西前三・5-5>○

豪栄道左から張ったが豪風に押し込まれ右へ引く、
豪風付け入って二本入り前へ出れば、豪栄道やむなく右を首に巻いて逃げ回るも、
最後は土俵中央、首投げと下手投げの打ち合いに一瞬早く手を付き敗れる。

今日も前へ出られなかった豪栄道。
お得意の首投げにいったがあえなく敗戦。
これで二横綱一大関との対戦が待つ終盤戦に4敗で突入するわけで、
大関取りはほぼ終焉と見ていいだろう。


両横綱は安泰、稀勢の里は松鳳山を両マワシをしっかり引いて勝利。
全勝が両横綱、星二つの差で稀勢の里、鶴竜、千代大龍という状況。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。