スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四日目

遠藤は9敗目

○旭鷲鵬<東前十四・8-6>(おしたおし)遠藤<西前七・5-9>●

遠藤立ち合い右前ミツを引くも、旭鷲鵬突き起こして右へはたき左上手を引いて前へ、
遠藤右からすくうも却って体勢をくずし、押し倒される。

立ち合いから相手の出足に圧倒されっぱなしだった遠藤。
この日向う正面解説の元琴錦の秀ノ山サン、
「私の現役のころの出島、武双山といった学生出身力士にくらべ、
遠藤は当たりの強さがないんですよネー」とのコメント。

今場所は左足の怪我もあるから割り引いて見る必要もあるが、
やはり遠藤の課題はこのあたり。


大砂嵐は格の違いを見せ付けられ五分の星に

●大砂嵐<西前十五・7-7>(よりきり)勢<西前六・10-4>○

大砂嵐立ち合い諸手突きに行くも出足にまさる勢にあっさり右差しをゆるし後退、
勢は左からおっつけ上手を引くと東土俵に寄りきった。

昨日の勝利で新入幕での勝ち越しまであと一つとした大砂嵐、
今日はさすがに上位経験者に格の違いを見せ付けられた。


代打で出てもやっぱり酷い貴乃花審判長

●松鳳山<東小結4-10>(おしだし)豊真将<東前四・5-9>○

松鳳山突いて出ると豊真将右へまわりこみながらいなし土俵を半周、
じれた松鳳山右から張ると豊真将すかさず左を差して押し出した。
土俵際松鳳山右から突き落としを見せるも、豊真将の体より一瞬早く土俵の外へ踏み越し。
軍配は松鳳山に上がったが物言いがついて差し違いとなった。

この一番で目立ったのは取組よりもむしろ貴乃花審判長の場内説明。
協議のあとにマイクを取ると、
「只今の協議について、ご説明申し上げます。
行司軍配は、松鳳山に上がりましたが、豊真将の……西方豊真将の、勝ちといたします」
これでおしまい。

物言いの内容や協議の内容については一切ふれず、
勝ち負けだけ伝えておしまいというエラク荒っぽい説明であった。
おそらく「松鳳山に上がりましたが」のあとに
「松鳳山の足が先に踏み越しており」と言いたかったのだろう。
ところが「豊真将の」と口をついて出てしまったため、
「…(サテドウシヨウ、エイ面倒ダ)…西方豊真将の、勝ちといたします」
とやってしまったものと思われる。

別に「豊真将の」のあとでもう一度「いや、松鳳山の」とやり直してもいいではないか貴乃花さん。
おそらく審判長がしどろもどろになってはみっともないという思いがあるのだろう。
けど相撲ファンはみなあなたの口下手を重々承知しているし、
多少つっかえる貴乃花、というのも愛嬌があって良いと思うのだが。

今場所は伊勢ヶ濱親方の休場で、急遽代理の審判長として登場している貴乃花親方。
来場所以降どうなるのかは分からないが、もう少し頑張っていただきたい。


稀勢の里は全勝の二横綱を撃破

●白鵬<東横綱13-1>(うわてなげ)稀勢の里<東大関12-2>○

稀勢の里立ち合い左を差し、右の上手を引きながら前へ、
白鵬左から下手投げを打つが稀勢の里踏みとどまって右から上手投げを打ち返し、
赤房下に勝負を決める。

立ち合ってからの勝負よりも、
仕切りの心理戦のほうが見応えがあり、また勝敗を左右した一番。
塩をまいて土俵中央に進んでも、両者ともに下がりに手をかけたまま、じっと睨み合う。
相手が先に腰を下ろすのをひたすら待っていた。

稀勢の里の頭の中にあったのは、先場所の一番だったろう。
仕切りの所作の一つ一つを相手に先にやらせ、
自分は悠揚と後を追うことで心理的に優位に立とうとした白鵬。
その術中にまともにはまり、時間一杯になったときの稀勢の里は、
真っ赤な顔に頻繁な瞬きという、自身が緊張状態にあるときよく見せる表情になっていた。
その結果はふがいないもので、もはやあの轍は踏むまいと今場所は心に決めていたに違いない。
相手より先に動くことは決してすまいという意識がよく伝わってきた。
結果的に今回は落ち着いた表情で時間一杯を迎えられたわけで、
この試みは成功したということだろう。
(ま、もちろん所作はお互いに合わせるのが基本なわけだが)

仕切りからヒートアップした場内は勝負がついたあと、割れんばかりの大歓声。
めずらしく「万歳」コールまで沸き起こった。
あまりお行儀がいいとは言えないが、それだけのテンションの高さが二人の取組にはあった。


日馬富士は鶴竜をやぶり1敗のまま。
1敗で白鵬日馬富士がならび明日千秋楽で勝者が優勝となる。
2敗の稀勢の里は優勝の可能性はないが、両横綱を破っている。
これで千秋楽は鶴竜に勝てば準優勝だ。それなら来場所は綱とりと理事長も言っている。
ここで負けてしまうのがいつもの稀勢の里で、嫌な予感もしないではない。
そんな外野の偏見をぜひ裏切ってほしいものだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。