スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千秋楽

遠藤は結局6勝9敗

●富士東<西前十二・8-7>(よりきり)遠藤<西前七・6-9>○

富士東突いて出るも遠藤右の前ミツをつかんで離さず、
前へ出ながら二本差しとなって寄り切る。

左足のケガで場所前出場も危ぶまれた遠藤は、結局6勝9敗。
この位置でこの成績、だけど手負いの状態、ということで地力のほどはまだ分かりにくい。
万全の体勢で出てくれるであろう来場所が楽しみ。


稀勢の里は13勝、来場所綱とりに

○稀勢の里<東大関13-2>(よりきり)鶴竜<東大関二・9-6>●

立ち合いから左四つとなったが先に上手を引いたのは鶴竜、差し手も返しいい格好に。
しかし稀勢の里は左手一本でじっと我慢した後、相手の上手を切って出ながら自身の上手を引いて寄り切る。

不利な体勢になったが稀勢の里は無理に動かず落ち着いて勝負を決めた。
これで13勝2敗の堂々たる成績で、しかも2横綱を撃破する内容。

稀勢13勝、初場所で綱とりだ(ニッカン

(抜粋)大きな白星だった。日馬富士、白鵬の両横綱に土をつけての13勝に、北の湖理事長(元横綱)はあらためて、来年初場所での綱とりを明言した。その上で課した条件は「13勝以上の優勝」。これを伝え聞いた大関は「一生懸命やりたいと思います」。



理事長の課した条件は妥当なところだろう。
2場所連続の優勝にこだわる向きもあるが、
直前2場所だけ突然変異のように強くなって上がってから苦労している日馬富士の現状を思うと、説得力を欠く。
ただ優勝は最低条件。

ま、このタイミングでの日馬富士の存在が、双羽黒以来の慣習に疑問符を抱かせるわけで、
それも稀勢の里には追い風か。


楽日決戦は日馬富士が制す

●白鵬<東横綱13-2>(よりきり)日馬富士<西横綱14-1>○

日馬富士立ち合い左へかわり上手を引くお得意の戦法。
そのまま黒房下へ寄るも白鵬上体をそらしながらぐっとこらえ、
右四つで前へ…攻めかけたところで行司が待った。
こらえたときに白鵬の右足かかとが土俵の外へ出ていたんであった。

立ち合い変わるわ、何で決まったのかよく分からないわで見る側はしばしポカン顔。
締まりのない今年納めの一番で日馬富士の優勝が決まった。


毎晩晩酌をしながら録画を見て、翌朝ブログにつけるというこの記録。
15日中14日も書けた場所は初めてだ。
ちょくちょく見てくださる方々、拍手をくださる方々、どうもありがとう。感謝です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。