スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五日目

稀勢の里、気負けで2敗目

●稀勢の里<東大関3-2>(おしだし)碧山<東前三・3-2>○

両者立ち合い呼吸があわず、立って下がりに手をかけたまま見合うことしばし。
はやる碧山に稀勢の里が応じない雰囲気。
一度目は碧山がつっかけ、二度目は稀勢の里が嫌い、三度目でようやく立った。

碧山頭からぶちかまして突き放し、左ノドワ右おっつけで一気に押し出し完勝。

碧山は仕切りの段階からすさまじい気合で、塩をまくのも仕切り線に向かうのもセカセカと大関に先行する。
早くやろうぜ大関、といった態度。
過去2戦2勝している稀勢の里はこれに飲まれた格好で、いわゆる「気負け」だろう。
こういうのを軽くあしらうようになれば、それこそ横綱も近いのだろうけれど。

かくして「綱取り」は序盤の2敗で消えた…と見ていいのだろうが、
この先の星取りしだいでは誰かが何か言い出しそうでもあり、ひとまず静観。


遠藤序盤終えて4勝1敗

●高安<東前九・2-3>(つきおとし)遠藤<西前十・4-1>○

高安立ち合い右のおっつけで遠藤の左差しを封じるが、
遠藤右へ回りこんでいなし高安を土俵際へ泳がせ、左腕をたぐりながら突き落とす。

遠藤を相手にすると皆が皆ムキになって勝負にのぞむのが見ていて楽しい。
今日の高安も気合が入っていたが、ちょっと空回りした。


冴え渡る松鳳山の足技

○松鳳山<東前五・4-1>(こてなげ)宝富士<東前七・1-4>●

互いに左を差した格好から、先に右の上手を取ったのは宝富士。
しかし松鳳山右足で相手の左足を内側からさっと払うと、間髪入れず右小手投げ。
宝富士たまらずバッタリ。

松鳳山の足技というのは数ヶ月前の月刊誌「相撲」でも特集していたが、この日も炸裂。
前に出ているほうの脚を払い、相手を上体の伸びた格好にさせて投げた、というか這わせた。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。