スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九日目

稀勢の里連敗、とうとう4敗に

●稀勢の里<東大関5-4>(おしだし)豊響<西前三・3-6>○

豊響立ち合い低く立って稀勢の里を突き起こすと、
胸元への激しい突っ張りから一気に稀勢の里を東土俵へ押し出す。

稀勢の里は何もできなかった。
昨日の敗戦で「綱取り」の芽が消えてプレッシャーもなくなり、
今日からはのびのびやってくれるだろうと見ていたのだが。
逆に気の抜けたような相撲。

年明けになかば冗談でこんなことを書いたが、
今場所に限っては現実になりそうな予感もする。


カド番琴奨菊は6勝目をマーク

○琴奨菊<東大関二・6-3>(よりきり)豪栄道<東関脇5-4>●

立ち合い琴奨菊右から抱え込んで振り、左を差して左四つに。
そのままがぶって向正面に寄り切る。

左四つなのにいつも左足から立つ変則相撲の琴奨菊だが、今日はセオリー通り右足から立った。
それだけ相手を早くつかまえて、自分の四つに組みとめたかったのだろう。
ケガを負っている右腕から勝負していくのはしんどいだろうし、
テーピングは相変わらず厳重で痛々しいのだが、あと2番、あと2番。


鶴竜勝ち越し

●碧山<東前三・3-6>(したてなげ)鶴竜<西大関8-1>○

碧山突いて出たが鶴竜も突いて応じ、二本差して頭もつける絶好の形に。
最後は深く取った右の下手から掛け投げで決める。

昨日のテレビ中継で、解説の北の富士さんから「何となく勝っている」と評された今場所の鶴竜。
相撲内容はここ数場所と変わらず、前に出られない、引きや投げでかろうじて凌ぐといった調子で、
それでもここまで1敗、全勝白鵬を唯一次点で追っている。

今日はいい内容だった。
しかし後半戦、この人が白鵬と一差の星を保って優勝争いを演じてくれるイメージはなかなか沸かない。
直接対決は十四日目になるのだろうが、そこまで持つか。


大関復帰をめざす琴欧洲は隠岐の海をやぶって6-3、
遠藤は徳勝龍を寄り切って7-2。
磐石白鵬は9連勝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。