スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴奨菊が遠藤をくだし胸をなでおろす十二日目

琴奨菊、大関初挑戦の遠藤を下し勝ち越し

○琴奨菊<東大関二・8-4>(よりきり)遠藤<西前十・9-3>●

立ち合って左四つ、琴奨菊右から抱え込んで一気に前へ出てがぶり、白房下に寄り切る。

好成績により十枚目の地位で大関戦の組まれた遠藤だったが、
手負いの大関に圧倒され、西の花道奥までふっとばされた。

審判部の粋な取組編成だったが、琴奨菊にとっては少々残酷な気もしたこのカード。
ほっとした、というのが正直な感想。
さすがに遠藤も大関にはかなうまいとは思ったが、
今の琴奨菊ではよもやの展開も考えられたので。

琴奨菊はカド番脱出。
見ていて気の毒なのでもう休んでくれ。


崖っぷち琴欧洲は稀勢の里を破り7-5

●稀勢の里<東大関7-5>(うわてなげ)琴欧洲<西関脇7-5>○

琴欧洲立って左に変わり上手を求めるが、稀勢の里よく応じて得意の左に組む。
互いに左をさした格好からしばし膠着、やがて琴欧洲先に右の上手を引くと前へ出て、
白房下で上手投げに仕留める。

右四つの琴欧洲に差し勝った左四つの稀勢の里。
なぜか自ら前へ出ることが無かった。
相手の境遇に同情したろうか。

取組後足を痛めた様子だったのが気にかかる。


大砂嵐は右カチアゲ左ノドワで徳勝龍をやぶり、入幕二場所目で初の勝ち越し。

里山が栃乃若に一本背負いで勝った。
背負った、というより相手の左について両腕で相手の左腕をとった形で、
「1・2の三四郎」風にいえば「腕とって逆まわって体おとし風投げ」(←古い)。
今場所の「ザ・千秋楽」有力候補。

鶴竜は1敗を、白鵬は全勝をそれぞれキープしている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。