スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九重親方の落選について

先月末の九重親方の理事候補落選劇について。

九重親方、現職事業部長初の落選(ニッカン)

公益財団法人に移行した日本相撲協会は1月31日、東京・両国国技館で新法人の理事候補を決める選挙を行い、協会NO・2の事業部長を務める九重親方(元横綱千代の富士)がただ1人、落選した。現職NO・2の落選は異例。

九重事業部長が、理事の座を失った。全親方で一番最後の午後1時49分に投票会場入り。約1時間後に開票が終わると、うつむき加減に歩きながら「不徳の致すところです」とひと言。普段の豪傑ぶりとは違い、寂しげに言葉を発して肩を落とした。

理事候補には定員10人(外部理事を除く)に対し、11人が立候補。九重親方は5票しか獲得できず、当選者で最少だった元理事の友綱親方(元関脇魁輝)の7票に及ばなかった。



得票と当落は以下の通り(◎が当選、×が落選。)。

rijisen001

ニッカン記事の続き。

事業部長の落選は、68年初場所後の理事選挙開始以降、24度目で初。現役時代に「ウルフ」の愛称で親しまれ、史上2位の優勝31回。角界初の国民栄誉賞にも輝いた。北の湖理事長が病気休場中だった初場所は理事長代行も務め、ファンの人気は親方屈指。12年2月から同職に就き、取り仕切り役だった実務者の落選は、協会運営への影響も懸念される。一般的に波乱とみられるが、角界の力学が落選につながった。

相撲界では、一門内で理事選の候補者を立て、事前に票割りを決めて投票するのが慣例だ。高砂一門は、現広報部長の八角親方(元横綱北勝海)を第1候補に擁立。九重親方の豪傑すぎる言動への反感もあり、支持は八角親方に集中した。九重支持は部屋付きの佐ノ山親方(元大関千代大海)ら4人とみられていた。

また、執行部ながら“反北の湖”の姿勢をうかがわせ、次期理事長の座を狙っている話も出回った。友綱親方も伊勢ケ浜一門内の支持は少なかったが、危機感を募らせた北の湖派から支援を得た。その結果、出羽海一門や時津風一門からは、各一門出身者へ投じる以外の余った票を獲得した。



この「反北の湖」の姿勢については朝日新聞に詳しい。2月1日付の朝刊より抜粋。

出羽海一門のある元三役は「九重さんを落とさなければならなかった」とささやく。協会の全事業を取り仕切る九重親方は、協会と業者との契約などを巡り、北の湖理事長やその側近の事務方と対立を深めた。そこで、理事長が所属する協会最大派閥の出羽海一門が、「九重落とし」に動いたという。

伊勢ヶ濱一門は、現職の伊勢ヶ濱審判部長(元横綱旭富士)を第一候補として擁立。第二候補は一門の残り表で戦う友綱親方で、ここに「九重落とし」でまとまった出羽海一門から票が流れ、友綱親方の得票が九重親方を上回った。


一般紙で書けるのはこの辺りが限度だったかも知れない。
大衆紙になるとより大胆で。これも抜粋してみる。

九重親方を“実弾”で落選させた北の湖理事長「側近」の狙い日刊ゲンダイ

現役時代は史上2位の優勝31回、国民栄誉賞も獲得したナンバー2の事業部長とはいえ、幹部としての能力は疑問視されていて、人望があるわけでもない。「不徳の致すところ」には違いないものの、落選の理由はそれだけではない。

そこには北の湖理事長の右腕といわれ、パチンコメーカーから裏金をもらったX氏の謀略があった。広告代理店経営者で、X氏に裏金を渡したA氏が1月31日付日刊ゲンダイ本紙でこう言っている。

「X氏の理事選での狙い?ずばり九重親方の失脚です。協会の実質ナンバー2で、X氏のやり方に猛反対しているからです。X氏にとっては目の上のタンコブ。だから理事選で落選させ、その影響力をそごうとしている。友綱親方がなぜ、理事選に出たかご存じですか? 実はX氏がそうするように仕向けたからなんです」

落選した九重親方が5票だったのに対し、最下位で当選した友綱親方は7票を獲得。選挙にあたって友綱親方を擁立したX氏は、友綱親方への票を買いあさったというウワサまである。

今回の当選者は3月24日の評議員会の専任議決を経て、正式に理事に就任。同日の理事会で新理事長を互選する。

A氏が「X氏は北の湖理事長を続投させようとするでしょうね。初場所中に入院するなど体調に不安がある北の湖理事長の代行として相撲協会を牛耳ろうとしている」と話していた通りの展開になっているわけだ



内部の人間(?)の告発(らしき)ものも2ch上にある。
真偽のほどは何とも言いがたいが、読んでいるとあながち出鱈目と無視もできない。
このスレッドの84以降の流れが興味深い。

巷間言われているように、九重親方に人望がなかった、というのも事実なのだろう。
ただ同時に、そこを敵に付けこまれた面もあったはずだ。
このまま終わっていい問題ではないと思うのだが。
3月、外部の評議員は今回の選挙結果をあっさり認めるのだろうか。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。