スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春場所の番付発表と遠藤について

春場所の新番付が発表された。

遠藤が東前頭筆頭、横綱、大関と総当たりニッカン

日本相撲協会は24日、大相撲春場所(3月9日初日、大阪・ボディメーカーコロシアム)の新番付を発表した。

初場所で11勝を挙げ、敢闘賞を受賞した遠藤(23=追手風)は東前頭筆頭に。初の横綱、大関総当たりとなるが、勝ち越せば新三役が見えてくる。

西小結で11勝した栃煌山(26=春日野)が2場所ぶりに関脇に復帰し、豪栄道(27=境川)琴欧洲(31=佐渡ケ嶽)との関脇3人は、12年秋場所(琴奨菊、稀勢の里、鶴竜)以来となった。豊ノ島(30=時津風)と松鳳山(30=松ケ根)が小結に復帰。新入幕は初場所に13勝2敗で十両優勝した千代丸(22=九重)と照ノ富士(22=伊勢ケ浜)の2人。千代丸と弟千代鳳(21=九重)の兄弟幕内力士誕生は、史上10組目となった。



勝ち越し新三役を目指す遠藤だが、さすがに先場所までの相撲を見る限りではちょっと難しい。

さる初場所二日目のNHK大相撲中継、デーモン閣下がゲストで出たおり、
「遠藤の相撲はハラハラさせる。それもまたスター性のひとつ」と、閣下仰せになられた。
プロレスでも主役は最初に相手の技を受けてピンチに陥りながら、最後は自ら技をくりだし逆転勝利を収める。
遠藤にはそんな雰囲気を感じる…ということだった。

ただハラハラ相撲に「なってしまう」のは立ち合いの弱さゆえで。
プロの幕内力士の立ち合いにまだアジャストしていない遠藤。
得意の左四つに組みに行くわけだが、当たって左は入っても、右の踏み込みが弱く上手が引けない、前に出られない。
やむなく右足を引いて左半身になり、出てくる相手を左へ回り込みながらしのぎ、チャンスをうかがう。

それでも右のおっつけがあって半身の構えがしっかりしているし、
土俵を丸く使うのが上手いから(遠藤の円運動、と呼びたいくらいだ)何とか勝てる、
というのが先場所までの遠藤だった。
(まあそんなことは先刻御承知の上で、
閣下は遠藤人気を盛りたてようとポジティブな見方をしておられるのであろうけど)

春場所は先場所までのようには、まあ行かないだろう。
幕内中位下位と違い、上位以上の立ち合いは、
半身で回りこめるほどの余裕を遠藤に与えてくれまい。

すでに栃煌山や琴奨菊といった三役以上の力士との対戦も先場所は組まれたが、
立ち合いからいっぺんに持っていかれており、そうしたもろさがはっきりと出ていた。
春場所は連日そんな相撲が続くわけで、勝ち越すのは厳しいと思う。

ただ横綱大関を目指すもの、誰しもぶち当たる上位の強烈な立ち合いという壁。
みなここで一旦つまずく。
そこで半端な相撲に落ち着くか、
あるいは正攻法を模索してこの壁を乗りこえ、さらに上の地位をつかむか、
勝負の分かれ目になるだろう。

しばらくは苦しい場所が続く。
それでも、いずれは右四つの白鵬に左四つで組み勝って、巧みに先手を打って左右にゆさぶって…
そんな絵も浮かんでくる。
じっくり立ち合いの強化に取り組んでいってほしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。