スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠藤初金星、の四日目


遠藤、鶴竜相手に初金星

●鶴竜<東横綱二・3-1>(よりたおし)遠藤<東前四・3-1>○

立ち合いに優った遠藤、
突いて出てからの二本差しで鶴竜を東土俵に寄り詰めれば、
鶴竜右から小手に振って逃れようと土俵を半周、
しかし遠藤足を送ってしっかりと付いていき、最後は向正面に寄り倒す。

遠藤の立ち合いの一瞬の速さが勝負を決めた。
取組後の両者のコメント。

遠藤「立ち合いから組んでも勝てないんで、突っ張っていこうと思った、
立ち遅れないようにと思った」

鶴竜「突っ張ってくるのは分かっていた、ただ自分のほうが立ち遅れた」

鶴竜の予想以上に、遠藤の立ち合いが素早かったということか。

私も正直、今日は鶴竜が簡単に勝つと思っていた。
先場所は遠藤が立ち合いから回しを取りに行くかと予想されるなか突いて出たので、
鶴竜がいささか面食らって苦戦、最後は土俵際でかろうじて突きおとして辛勝、という相撲だった。

今日は遠藤がどう出るにせよ、いつもの鶴竜なら突いて出て様子を見ながら料理すると見えたのだが。
それを許さなかった遠藤の立ち合いのスピード。
遠藤急成長、と思いたいがそれはまだ早いか。


安美錦4連勝

○安美錦<東前三・4-0>(つきおとし)琴奨菊<西大関2-2>●

安美錦立ち合い低く当たって右のおっつけ、琴奨菊の左差しを封じると、
右から引っかけぎみに琴奨菊の左腕をたぐり右へ回り込めば、
琴奨菊足がついていかず正面土俵でバッタリ。

左差しを封じちまえばこんなもんよ、と言わんばかりの安美錦の相撲。
涼しい顔をしながら指先でちょんちょん、と手刀を切るしぐさも小憎らしいというか。

安美錦はこれで4連勝と好調。
琴奨菊は昨日の千代鳳戦と続けて2連敗。ちょっと心配。


稀勢の里碧山に完敗

●稀勢の里<東大関3-1>(おしだし)碧山<東前頭一・1-3>○

碧山低くあたって右ノド輪、
突き起こしてモロハズから東土俵に押し込めば、
稀勢の里あっけなく土俵を割る。

立ち合い低く強く当たった碧山が圧勝。
稀勢の里が相手より高くなってしまうのは、まあいつものことだが、
そのあとの踏み込みがどうにも今場所は普段より弱いように映る。
親指のケガの影響なのだろうか。


豪栄道はしっかりとした立ち合いから落ち着いた取り口で千代鳳を破る。
大関取りへ向けて軌道修正がうまくいっている。

日馬富士、白鵬はそれぞれ旭天鵬、千代大龍あいてに危なげなく勝利。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。