スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里、ガッカリ先延ばしの十日目

遠藤6敗目も希望の持てる内容

○千代大龍<東前頭二・3-7>(はたきこみ)遠藤<東前頭四・4-6>●

遠藤立ち合い強く当たって右前みつ引くが千代大龍に切られ、
それでも前に出るところ、千代大龍右へ回り叩けば遠藤正面土俵に這う。

立ち合い当たり負けしないようにと、いっぱいいっぱいの遠藤。
相手の動きに即応できるほどの余裕はなかった。

もっとも日馬富士戦もそうだったが、
先場所一方的に立ち合いから押し込まれていた相手に対し、
今場所は一応自分のほうから押し込んでいる。
着実に進歩はしているわけで、たとえ引き技を喰らったとしても明日につながる負け方。


稀勢の里は一敗キープ

○稀勢の里<東大関9-1>(よりきり)琴奨菊<西大関5-5>●

琴奨菊一瞬早く立って左四つ、間髪入れず前へ出るが、
稀勢の里左の横みつをガッチリ引いて肘を張り、相手の上手を阻んで残す。
さんざん寄り立てた琴奨菊は攻め疲れていったん動きを止め、
もう一丁と再度寄ってでたハナ、
稀勢の里左の下手投げで振ってから右のおっつけで相手を挟みこんで前進、
琴奨菊こうなるとなす術なく、西土俵を割る。

互いに得意の左四つとなったが、
稀勢の里が左の下手をしっかり引けたのに対し、
琴奨菊は結局どちらのまわしにも手がかからなかった。

これで稀勢の里は白鵬に次ぐ星勘定で1敗を維持。
期待させておいて裏切るミスターガッカリ、
今日こそ負けるだろうと見ていたが負けなかった。

十一日目の相手は同じく1敗、平幕の勢。
今度はきっと負ける。
前日大関に勝っておいて次の日平幕に負けるというガッカリ感を
味あわせてくれるはずだ。


優勝争いは全勝白鵬、1敗稀勢の里、勢と変わらぬ情勢。

豊真将は貴ノ岩との熱戦を制し6勝4敗。
7日目に3勝4敗となったが連日大相撲で勝って3連勝している。
後半に入り体がよく動くようになってきた。
できるだけ頑張ってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。