スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三日目

白鵬一敗を堅持、琴奨菊は来場所カド番に

○白鵬<東横綱12-1>(つきおとし)琴奨菊<西大関5-8>●

琴奨菊立って左の前ミツをさぐるも白鵬右を差してこれを阻む、
左は琴奨菊の右差しを抱え込んでがっちり捕まえ、
相手の出てくるところ、土俵中央で左から突きおとす。

今日は右四つ、左前ミツを取りに行った琴奨菊だったが、横綱の出足が優った。
というかまるで相撲になっておらず、横綱と大関の取り組みとは思えなかった。

白鵬は大概琴奨菊を相手にするとこうした「あしらう」ような相撲になるのだが、
あっさり中に入ることを許し負けることもたまにある。

印象深いところでは、先場所鶴竜と優勝を争う最中の相撲がそうであったし、
琴奨菊の大関昇進がかかった場所でもそんな取り組みがあった。
八百長とは言えないが、気合いの入り様でだいぶ違った勝負になる。
しかたのないことではあるけれど。


稀勢の里は二敗を維持

○稀勢の里<東大関11-2>(したてなげ)豪栄道<東関脇6-7>●

立って左四つ、稀勢の里左を返し得意の格好で前へ出ると、豪栄道右から首投げを放つ。
しかし逆に態勢を崩し稀勢の里に横にくいつかれ、最後は正面土俵で下手投げを喰らう。

豪栄道が悪癖の首投げで自滅。
稀勢の里は立ち合いも低く当たって、ケンカ四つの相手に組み勝った。
昨日の敗戦は引きずっていない。


あとの2敗、日馬富士、勢も共に勝利。
1敗白鵬、2敗日馬富士、稀勢の里、勢のならびは前日とかわらぬまま。
十四日目は白鵬が鶴竜、日馬富士と稀勢の里の直接対決、
勢は負け越しリーチの豪栄道との割。

優勝争いが千秋楽までもつれこむわけで、まずまず面白い展開になった。
前頭五枚目の勢が横綱大関陣のうち稀勢の里一人としか対戦していないのが、
いささか気がかりではあるが。


遠藤は負け越し

●遠藤<東前頭四・5-8>(つきだし)栃煌山<西関脇8-5>○

遠藤立ち合いから突っ張りを繰りだすも、栃煌山が左をのぞかせながらぐいぐい前へ。
遠藤これを嫌ってなおも突っ張るが栃煌山まるで動じず、
最後は青房下に突き出す。

まったく遠藤の突っ張りは通じず、大人と子供の相撲のようだった。
出足の強い栃煌山にじっくり見られては、威力のない遠藤はどうしようもない。
今場所の負け越しが決定。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。