スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるニュースふたつ

昨晩は人と飲んでいささか二日酔い気味。
せっかくの休みだからブログを書こうとも思うが、頭が回らない。

こういうときは気になっていた記事をスクラップしよう。

「貴乃花一門」に名称を変更 同名義で花贈るスポニチ

放駒前理事長の葬儀に貴乃花一門の花が飾られた。祭壇へ向かう通路に二所ノ関一門など他の一門とともに「貴乃花一門」として名前が並んだ。

 今年1月の役員改選までは貴乃花グループは一門として認められていなかったが、協会から各一門へ支給される助成金が、今年から同グループにも支払われることに伴い「貴乃花一門」に名称を変更した。

貴乃花親方は4月に3期目の理事に当選。北の湖理事長政権下で、総合企画部長や危機管理部長などなどNo・3として執行部入りしている。貴乃花一門には貴乃花部屋、阿武松部屋、大嶽部屋、立浪部屋が所属している。今回初めて一門として対外的な活動に入り、一門の総帥となった貴乃花親方は「今後は一門として各親方たちと結束していきたい」と話した。
[ 2014年5月24日 05:30 ]


いつまで犯罪者集団のように「グループ」扱いなのだろうと思っていたが、ようやく「一門」に昇格。

しかし一門に助成金があるというのは初めて知った。
いったい幾らくらいもらえるのかしらん、などと、
夏巡業のチケット代8500円すら断腸の思いで支払うわが身としては野次馬的興味もないではないが、
それはさておき。

北の湖理事長、そのバックである最大勢力出羽一門との関係も良好な貴乃花親方。
いずれは理事長になる人が、いつまでもグループ長で体裁も悪かった。
それが一気に「貴乃花一門総帥」。
一代年寄による一門の創設で、現役時の四股名をそのまま冠した華々しい看板になった。

放駒前理事長が身を賭して繋いだバトンである。
一門の総帥、協会幹部として、看板の美しさに違わぬ活躍・改革を期待したい。

…ま、個人的にはアライビラさんを協会で雇って、
協会お墨付きの動画付データベースをネット上に作ってくれればそれで十分なのだが。
月額5千円くらいなら私は出すぞ。
視聴期間限定のビデオに1万2千円も出す気にはなれないけれど。


17年ぶり大入り10日間=大相撲夏場所時事

大相撲夏場所千秋楽は25日、東京・両国国技館で行われ、入場券が完売する札止め(定員1万605人)となった。札止めは今場所6度目で、満員御礼の垂れ幕が下がるのは10度目。東京場所で満員御礼が10日以上になるのは、13日を記録した1997年夏場所以来で、17年ぶり。
 序盤は人気の遠藤が新横綱鶴竜を破って初金星を挙げ、白鵬、日馬富士、稀勢の里らが終盤まで優勝を争って盛り上げた。北の湖理事長(元横綱)は「予想以上に(観客に)入ってもらった。横綱が3人になったし、土俵内容がいい結果では」と話した。 (2014/05/25-19:08)


テレビで見ていても今場所は本当によく埋まっていた。
お客が多いとお相撲さんも張り切るものらしく、熱戦も多かった。
松鳳山と高安など張り切りすぎて時間前に立つくらいで。
ああいう相撲が増えればまた来ようという人も増えるだろう。
それがまた力士の発奮材料となる。
とてもよい循環。

…あとはこの流れをぜひ九州へ。大丈夫かなあ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。