スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九日目

遠藤大砂嵐を破る

○遠藤<西前五・4-5>(うわてなげ)大砂嵐<西前三・4-5>●

遠藤立ち合い頭をちょっと右に向けて素早く立ち、大砂嵐のかち上げを逃れると左四つ、
両ミツ引いて相手に上手を与えない絶好の体勢、
そのまま白房に寄るが、大砂嵐右へ回り込んで残し上手を引き、左四つがっぷりにすると、
右から強引に振って西土俵に寄るが、
遠藤これは残し、土俵中央に寄り戻したハナ、左でひねりながらの右上手投げを豪快に決める。

大砂嵐は右かち上げに出たが、遠藤が素早い踏み込みで距離をつめ、
なおかつ頭をちょっと右のほうに向けて立ったので、まるで効果がなかった。
立ち合いから自分の形が作れれば、いかに非力とは言え、巧さに優る遠藤に分があった。

大砂嵐は昨日の白鵬戦で封印したかち上げを、今日は慣行。
師匠の厳命でもうやめたのかと思ったが、どうも相手によるらしい。
まかり間違えば朝青龍のように暴走してしまいそうな臭いもある人だ。
横綱になりたいと公言する以上、正攻法の相撲を身につけて欲しい。


稀勢の里立ち渋るも千代鳳を降す

○稀勢の里<東大関7-2>(ひきおとし)千代鳳<東前五・3-6>●

立ち合い千代鳳二度つっかけるも、稀勢の里応じず不成立。

三度目ようやく稀勢の里合わせて立つが、
威力に優ったのは千代鳳、左ハズ右おっつけで相手の左差しを封じぐいぐい押し込めば、
稀勢の里何とかこらえ、四つをあきらめ押して出れば、千代鳳はずるずる黒房へ後退、
それでも左へ回り込み、正面、東と逃げ回るが、
稀勢の里しっかり追って、最後は赤房土俵際で左のおっつけから引き落として勝負を決める。

稀勢の里は悪いクセの立ち渋りが出て、ちょっとどうかと思われた。
案の定立ち合い負けして自分の形にはなれず、いささか苦労した。
先が心配である。

行司は愛嬌のある顔立ちで人気(だと思う、多分)の木村玉光だったが、
千代鳳が押し込まれた際に逃げられず、黒房土俵で腹這いに転倒。
いちおうそのまま勝負の行方は見届けて、しっかり軍配を上げた。

力士が昔より大きくなった分行司の逃げ回るスペースは狭くなったわけで、
歳のいった行司には苦労が多いのだろう。
こういうハプニングも一興といえば一興で悪くはないのだが、
ジャッジが転倒しては公正な判断などできないし、だいいち行司自身の体が心配になる。

最近でも把瑠都に土俵下に吹っ飛ばされたり、嘉風の回し蹴りを顔面に喰らったり、
行司のアクシデントは多い。
装束を改良するとか、定年を引き上げるとか(かわいそうだが)、運動能力を定期的に検査するとか、
なにがしかの対策が必要だろう。


豪風が最年長初金星記録を更新、というか日馬富士どうした

○豪風<西前四・7-2>(おしだし)日馬富士<西横綱6-3>●

豪風一発あたって左へ変わると、日馬富士的を失って青房に大きく泳ぎ、
豪風しめたとすかさず追って押し出す。

ニッカンの記事。

35歳豪風、横綱日馬撃破!最年長金星

35歳1カ月での初金星は、1958年の年6場所制以降で最年長。同部屋の嘉風が今場所4日目に日馬富士に勝って樹立した32歳3カ月27日の記録を早速更新した。

「何日か前に嘉風が抜いて、30歳超えてからスゲエなと、人ごとのように思ったんですけど、今日は自分が塗りかえて歴史的な日になると考えてました」と振り返った。

それでも、興奮度については「意外といつもと普通ですよ。まだ先がありますので」と、喜ぶ気持ちを抑えていた。


豪風はよくやった。

しかし四日目の嘉風ほどの爽快感が見る側にはないのも事実。
どちらも相手が日馬富士で、日を追うことで金星のデフレ感が増したのもあるし、
内容があっさりしすぎて有難味がわかないのもある。

日馬富士の動きは日に日に悪くなっている。


平幕で唯一全勝だった高安は、妙義龍に敗れ1敗。
同じく全勝の琴奨菊は鶴竜相手に勝ち急ぎ、たくみに送り出されやはり1敗。

結果全勝白鵬、1敗鶴竜、琴奨菊、高安…と書いた時点で先が見えてしまうこの悲しさ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。