スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀勢の里まさかの勝利、の十三日目

不調の稀勢の里、白鵬を破る殊勲

●白鵬<東横綱11-2>(こてなげ)稀勢の里<東大関9-4>○

白鵬左から張って立ち右を差しにいくも、稀勢の里おっつけてこれを封じ、
白鵬ならばと西土俵に突いて出るも、稀勢の里突き返して応戦。
すると白鵬稀勢の里の右かいなを抱え東土俵へとったりで放り、左四つに組んで寄りたてるも、
稀勢の里土俵際こらえながら右を小手に巻き、左で白鵬の頭を押さえ、
左に体を開いて土俵下へ投げ捨てる。

まさかまさかの稀勢の里勝利だワン。
ここまで4敗、今場所絶不調の稀勢の里が白鵬を2敗に引きずりおろし、
一気に優勝争いを面白くしたんだワン。

いつも仕切りから立ち合いにかけて神経戦となる2人が、
今日は淡々と仕切り、一発で立ったワン。
白鵬は安易な張り差しに出て、
最後も相手の四つでしかも上手も引けていないのに、構わず寄りたてたワン。
白鵬の側に緊張感が感じられなかったんだワン。
けっきょく相手を甘く見ていたんだワン。

でもそれはもっともな話で、
昨日までの稀勢の里は完全に自分の相撲を見失っていたワン。
オレも今日は白鵬が楽に勝つと読んでいたワン。
稀勢の里はここぞと意地を見せたんだワン。

この日解説だった九重親方は、
どうして自分の優勝がかかるとこういう相撲が取れないのかと嘆いていたワン。
気持ちは分かるけど、ありのままのキセを我々は受け入れるしかないんだワン。
キセを通じて相撲関係者も相撲ファンも解脱するんだワン。
キセは導師様なんだワン。


琴奨菊は大砂嵐を圧倒し2敗をキープ

●大砂嵐<西前三・6-7>(おしだし)琴奨菊<西大関11-2>○

大砂嵐右からかち上げて立つも、琴奨菊左胸から素早く当たってその間を与えず。
二本のぞかせながら一気に前に出て、左に回りこんではたきにかかる大砂嵐を向正面に押し出す。

琴奨菊が立ち合いで格の違いを見せつけたワン。
大砂嵐は上に行きたいと思うなら、
いい加減こんなテロリストのような相撲は通用しないと分かってほしいワン。


高安も照ノ富士を破り、2敗を維持

●照ノ富士<東前六・8-5>(よりきり)高安<西前十一・11-2>○

突っ張りあいから高安得意の左四つに組み、
両ミツを引いて相手に上手を与えずぐいぐい東土俵に攻め立てれば、
照ノ富士は土俵際左からすくうと、高安上手投げを打ち返し、
一瞬体が離れ照ノ富士得意の右四つに組み止めるも、
高安かまわず右差し手をかえし寄りたて、
照ノ富士土俵際で右からすくうも、送った左足が土俵の外へ。

高安はケンカ四つの相手に組み勝ち、
なおかつ上手を引いて照ノ富士の巨体を凄まじい勢いで持って行ったんだワン。
あの馬力は恐ろしいものがあるワン。


遠藤は嘉風の圧力に太刀打ちできず

●遠藤<西前五・6-7>(よりきり)嘉風<西前二・6-7>○

突っ張りあいから遠藤左差し右前ミツを再三狙うも、
嘉風下から跳ね上げながらそれを許さず、
左を深く差して中に入り右の前ミツを引くと正面に寄りたて、
遠藤土俵際左からすくえば嘉風左ハズで押し込み、
なおも遠藤粘って右へうっちゃろうとするも、
嘉風両ミツ引きつけ腰を落とし、吊り気味に寄り切る。

遠藤は土俵際再三頑張ったけど、
終始嘉風の圧力を受ける格好で、最後は寄り切られたワン。
遠藤の巧みさを嘉風がプロの出足で封じ込めたワン。

遠藤は7敗であとが無くなったワン。
明日は突き押しの豊響、苦手なタイプだワン。
相手は給金相撲でモチベーションも高いし、今場所の勝ち越しはちょっと厳しそうだワン。

まあ幕内上位に来て立ち合いで苦労するのは、別に遠藤に限らず誰しも同じことだワン。
期待が大きいのとセンスがいいのとで、とりわけそこがクローズアップされるけど、
横綱になる人大関になる人、みな通る道なんだワン。
時間をかけて馬力を身につければいいワン。


2敗だった鶴竜は日馬富士お得意の左変化上手出し投げに翻弄され、3敗に後退、
結局2敗で白鵬、琴奨菊、高安が並走となったワン。

昨日まではもう白鵬で決まりと思っていたけど、今日の導師様のご活躍で、
急に面白くなったんだワン。
久々に日本出身力士優勝の芽が出てきたんだワン。

明日は白鵬―鶴竜、琴奨菊―高安。
千秋楽はたぶん白鵬―日馬富士、琴奨菊―豪栄道で割は組まれるワン。
高安の千秋楽の相手はちょっと想像がつかないけど、
このひとの優勝というのはちょっと考えにくいワン。

とすれば白鵬と琴奨菊の2人に絞られるわけで、
これは決定戦となるとキャリアや地力からして、どう考えても白鵬に分があるワン。
本割で勝負がつかないと、琴奨菊は厳しいワン。

琴奨菊が明日明後日と連勝して、
終盤調子の落ちている白鵬が鶴竜日馬富士のいずれかに星を落としてくれれば、
可能性はあるワン。

琴奨菊は明日の対高安戦、地力から言って優位なのは間違いないワン。
ただ豪栄道にはこの1年で2勝3敗、通算11勝16敗と苦手にしているワン。
分からないワン。

それにしてもひさびさに面白い場所になったワン。
これも全て導師様のおかげなんだワン。
ありがたやありがたや。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。