スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟巡業に行った話(2)

前回の記事の続き。


朝稽古が11時ごろに終わると、
あとは地元の子供と関取衆の稽古、
大山親方の相撲講座などとプログラムが続く。

お昼頃からは取的の取組が始まる。
序二段5番、三段目14番、幕下11番。

よほど地元出身の力士でも出てくるかと思ったが、
新潟県出身は三段目の飛燕力だけであった。
関取の付け人が同行ついでに、こうした前座を務めるのだろうか。
そのあたりの人選はよくわからない。

このころになると私もビールが進んで、若干ほろ酔い気味。
写真も面倒になって撮らなくなった。


ただお酒の好きな人間からすると、ちょっと物足りない点も。
持ち込みは禁止なので、飲食は場内の売店を使うしかない。
その売店は4つほどあるのだが、
どこも扱っているのは同じようなメニューばかり。

飲み物はどの店も生ビール、サワーのみ。
つまみは唐揚げ、焼きそば、枝豆、フライドポテトとビールのお供ばかり。
なんだか申し合わせでもしているみたいだ。
脂っこいものとビールばかりでウンザリしてしまう。

日本酒はないかとそちこちの売店のお姉さんに尋ねるが、
申し訳なさそうにありませんと答えるばかり。

注意深く見て回ったら、3000円のお土産セットの中に、
日本酒の小瓶が入っているのを見つけた。

しかし小瓶のために3000円出すのも馬鹿馬鹿しいので、これは買わず。
結局終了までビールとサワーで我慢した。

どうして日本酒を単品で売らないのだろう。
あまり酔っ払いが出ては場が乱れるということなのだろうか。
持ち込み禁止にするならそれなりのラインナップを揃えてくれよ。
どこの巡業先もこんな調子なのだろうか。

まあ酒飲みのタワゴトなんですけど(笑)。


幕下の相撲まで全部終わると、
相撲甚句、初っ切り、十両土俵入り、櫓太鼓打ち分け。

このあたりになると、
日本酒が飲めない寂しさでなんだかガッカリしてくる(←意地汚い)。
甚句は勢が歌うかと期待したが、今回は出番なし。
ますますガッカリ。


やがて中入。
幕内力士、横綱、それぞれ土俵入り。
まあさすがに横綱土俵入りはいいものだった。

あとはメインの幕内力士の取組。
もっとも巡業なので誰も本気は出さない。
あっさりした勝負が続くのとビールの飲みすぎで睡魔に襲われる。
連れの元同僚もウツラウツラ。

眠い目をこすりながら土俵を見つめるのだが、
一番一番、力士同士で取り口を打ち合わせているようには思えない。
なんとなくだが、攻め気でパッと出た方に対し、
相手が、じゃあ俺負けとくわ、と巧く合わせ、さっさと勝負を片づけているようだ。
花相撲なのだから仕方がないが、正直阿保らしく思った。

そんな中一番に感じたのは、お客さんたちの優しさであった。
一人一人、1万4千円から9千円という大枚を叩いてこの場に来ている。
それでいて見せられるのはこんな馴れ合い相撲だ。

ほかのスポーツなら到底チケットはさばけないだろう。
プロ野球やJリーグのチームが地方に出向き、
朝一番の公開練習だけ一生懸命やって、あとは地元の少年チームとお手合わせ、
最後に試合もどきの見世物をのんびりやって、入場料1万円。
とてもお客は入りそうにない。

しかし相撲は違う。
客席を見渡せば、この日はほぼ満員の入りだった。
みな楽しそうに遠藤だの白鵬だの声をかけ、拍手しながら温かく見守っている。
自分たちの街にお相撲さんが来てくれた。
それだけで十分満足なのだろう。

みな優しいのである。
一年に6場所も真剣勝負を務め、ケガの絶えないお相撲さん。
あいまに地方を回る巡業くらいは、手抜き勝負もいいではないか。
個々の力士や部屋にタニマチはいても、
大会社がスポンサーについている訳ではない日本相撲協会。
チケットが高いのも仕方ないではないか。
たぶんそんな思いで、半分くらいは御高齢のお客さんたちは、
気の抜けたような相撲も文句を言わず、楽しんでいるのだろう。

大相撲を支えているのは、大都市で本場所を楽しむ人たちばかりではない。
こうした物わかりのいい田舎のおじいちゃん、おばあちゃんたちもまた、
テレビには映らないところで力士をサポートしているんであった。

酔った頭でしみじみ、そんなことを考えた。


何だか元気のないレポになってしまったけど、
力士と間近で触れ合えるというのは巡業のいいところ。

KIMG0073.jpg

私も妙義龍にサインもらっちゃったし(笑)。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。