スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稽古どころじゃないんじゃないの


スポニチの記事から。

北の湖理事長巡業に苦言「関取は稽古をやらないと駄目」

大相撲夏巡業の最終日は17日、釧路市の湿原の風アリーナ釧路で行われ、巡業を視察した北の湖理事長(元横綱)が申し合いの稽古をしなかった大関・横綱に苦言を呈した。巡業は巡業部長の管轄で異例の視察となった同理事長は横綱・白鵬筆頭に稽古をしなかった上位陣に厳しい姿勢。相撲人気回復の傾向に水を差しかねない行動にくぎを刺した。

午前9時30分すぎ、会場に北の湖理事長が姿を現した。通常は姿を見せない巡業だが、今回の釧路は自らの知人の紹介で勧進元が決まったため、その招待を受けて異例の視察が実現。しかし、その内容は昭和の名横綱には物足りなく映った。

横綱・白鵬は高安、日馬富士は大砂嵐にぶつかり稽古で胸を出したが、鶴竜と大関・稀勢の里、琴奨菊は土俵下で四股やトレーニングを繰り返すのみ。最後までファンが期待した本番さながらの申し合いはなく、夏巡業最終日としては寂しい光景だった。「関取は稽古をやらないと駄目。結局やる人とやらない人が決まってきている。涼しい、稽古のできる環境なんだからやらないと」と北の湖理事長。横綱、大関陣は15日の千歳から始まった北海道巡業3日間で一度も申し合いがなく、角界トップは名指しこそ避けたが、苦言を呈した。

この巡業から朝稽古は申告制となり、事前に三番稽古をするメンバーを申請して土俵に上がるシステムを導入。どの力士にも積極的に稽古に参加するよう意識改革を促したが、結局決まった力士が土俵で稽古を繰り返すだけだった。夏巡業に同行してきた芝田山巡業部副部長(元横綱・大乃国)は「土俵上で稽古してほしい。やってるやつはしっかりとやっている。鶴竜、稀勢の里、琴奨菊は土俵に上がらなかったのは残念」と角界の看板力士たちが稽古を回避したことを厳しく批判した。加えて先場所2横綱を倒した大砂嵐にも「土俵でニコニコして力が入っていない。それなら稽古するな」と厳しかった。

今年に入り、相撲人気は入場者数増加など回復傾向にある。巡業でしっかり稽古することが本場所の内容、そしてさらなる人気回復につながる。大関・横綱による稽古回避はファンサービスの意味でも戻りつつある人気に水を差しかねず、協会幹部の反応は厳しかった。

[ 2014年8月18日 05:30 ]



ファンサービス、という点では確かに横綱大関陣の申し合いがないのは寂しいものだ。しかし巡業のスケジュールも中々タイトである。

7日福島に始まり、8日茨城、9日新潟、10日山形、11日宮城、12日秋田と日を置かずに東北を移動、中2日開けて北海道へ渡り、15日千歳、16日札幌、17日釧路で終了。

11日間で休みは2日しかない。これは移動だけでくたびれてしまうのではないか。まして交通手段もツイッターなどで見る限り、バスが専らのようだ。体の大きなお相撲さんには厳しかろうと思う。

昔から巡業というのはこういうものなのだろうか。相撲ファン歴も浅く知識のない自分には残念ながら分からない。しかしひと月置きに開かれる本場所の真剣勝負に、生活のかかる力士たち。巡業での稽古に積極的になれないのは、背景を考えると理解できなくもない。旅疲れの体に鞭打ってケガでもしてはたまらんぜ、というのが彼らの本音なのだろう。

各地をこまめに回るのではなく、大きな都市で3日ずつ興行を打つとか、もう少し運営サイドの工夫も必要に思うのだが。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。