スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋場所番付発表

秋場所の番付が発表された。スポニチの記事から。

秋場所の新番付発表 豪風が35歳新関脇

日本相撲協会は1日、大相撲秋場所(14日初日、両国国技館)の新番付を発表した。

名古屋場所で12勝の好成績を挙げた豪栄道(28=境川)は、12年夏場所の鶴竜以来となる新大関で秋場所を迎える。13勝2敗で30度目の優勝を遂げた白鵬(29=宮城野)が東の正横綱。11勝の鶴竜(29=井筒)が西の横綱で、東に10勝の日馬富士(30=伊勢ケ浜)となった。

35歳2カ月での新関脇が決まった豪風(尾車)は、戦後1位の高齢昇進。新入幕から所要68場所での達成は史上1位のスロー昇進となった。妙義龍(27=境川)は昨年秋場所以来、6場所ぶりの関脇復帰だ。

新小結には常幸龍(26=木瀬)と千代大龍(25=九重)の大卒同学年力士が昇進した。日大卒で初土俵から所要9場所での最速新入幕記録を持つ常幸龍だが、初土俵から所要20場所での新三役は年6場所制以降にデビューした力士では9位タイ。木瀬部屋からは現師匠(元前頭肥後ノ海)が03年12月に創設後、初めての三役力士誕生となった。日体大卒の千代大龍だが、同大からは垣添、妙義龍、嘉風に次ぐ4人目となった。

新入幕はモンゴル出身の逸ノ城(21=湊)のみ。幕下付け出しデビューから所要4場所での昇進は、遠藤の3場所に次いで昭和以降2位タイの速さだ。貴ノ岩(24=貴乃花)が2場所ぶり、佐田の富士(29=境川)が3場所ぶりの幕内復帰を果たした。

十両には、魁(28=芝田山)芳東(37=玉ノ井)若荒雄(30=阿武松)が2場所ぶり、北■磨(28=北の湖)が3場所ぶりに返り咲いた。

先場所に三段目優勝した飛燕力(31=尾車)は、初土俵から所要98場所での新幕下が決まった。闘鵬(大嶽)の96場所を抜き、史上1位のスロー昇進となった。

12日には東京・両国国技館で取組編成会議が行われ、幕内の初日、2日目、十両初日の取組が発表される。



三役陣がごっそり入れ代わって、新味に富んだ番付になりました。

まずはやっぱり豪風。
まさかこの人が新関脇とは、数場所前なら笑い話だったでしょう。
まあ私なんて今年の初めには豊真将が九月場所新関脇とかのたまっていた訳で。
半ば冗談で書いたんですけど。
それ以上のサプライズが現実に起こってしまったんでありました。

その豊真将は東の十三枚目。
先場所の日馬富士戦で右ひざを無茶苦茶に痛め、今場所の休場は必至。

正直、見る側からすれば、もうやめてもいいんじゃないか、というケガだった。

でも本人はまだやるんだと言っている。
やり残したことがあるんだと言っている。
九州場所か初場所か、またきっと出てくるんでしょう。
公傷制度もないなかで無茶に踏ん張って大怪我を負った。

力士に同情はよろしくないわけで、
やれやれマショー勝手にやれ、と見るしかない。
でも楽しませてもらおう。
一度でいいから白鵬をぶち破って欲しい。


飲みながら書いてるので滅茶苦茶なのですが…

常幸龍と千代大龍が新小結。
期待の割には…という二人がようやっと上がってきた感じです。

常幸龍は巡業の朝稽古にも積極的で、
かなり気合が入っているのが見て取れました。
正直番付的には上がりすぎの観も否めませんが、
後につながる相撲を見せてほしい。

千代大龍が新小結というのは、どう捉えていいのか分かりません。
この人も上がりすぎなんでしょうけれど…
この地位でも勝ち負けに拘らず、前に出る相撲が貫けるなら本物なのでしょう。
例え負けこしても数年先が楽しみになりますが…
何だか手先の相撲でごまかしてギリギリハチナナとかなると、
若荒雄くらいなものかと思ったり。

まあ上に上がるだけが全てではないし、
分相応のところで長く稼ごうというのも否定はしません。
素人の見立てでああだこうだ言うのもなんですが。


平幕筆頭の東西が照ノ富士と遠藤。
どうなるのかなあ。

照ノ富士は腰の重さを生かして上位陣を持久戦に持ち込んで、
ちょっと面白い者でも見せてくれれば。

遠藤は上位相手にはしばらく期待できないですね。
上にはパワーで負けて、下にはテクニックで勝って勝ち越してくれるといいのですが。


新入幕に逸ノ城。もう見るからにモノが違う。
白鵬なきあとの東西の横綱は照ノ富士と共に約束されたような。
あとはそこに遠藤がどこまで絡めるか、という構図になるのでしょう。


あまりの新鮮さについ二年先五年先を夢想してしまう、今場所の番付でありました。
やっぱり日本人だけでやったほうがいいんじゃないかと思ったりもする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うぃぬっさん、はじめまして。

千代大龍関が新小結に昇進してどのような相撲を取るのか楽しみです。
怪我なく秋場所千秋楽まで相撲を取ることを期待しています。

雑談さん、コメントありがとうございます

雑談さん、はじめまして。
もしかするとブログ村に参加しておられる方でしょうか。
実はちょくちょくそちらのサイトものぞかせていただいていました。
コメントありがとうございます。

新小結の千代大龍、楽しみですね。
部屋付きの師匠の千代大海のように、
突き押し一発で上位を荒らしまわる存在になってほしいです。
まあもうちょっと早く上って来てほしかった気もするのですが。
まずは今場所、お手並み拝見ということで。




プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。