スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れさま隆の山

ニッカンの記事から。

元隆の山が断髪式「ゼロからですよ」

チェコ出身で、7月の名古屋場所で引退した元幕内隆の山(31=田子ノ浦)の断髪式が7日、都内で行われた。

同期の横綱鶴竜(29=井筒)や部屋の大関稀勢の里(28)ら約90人がはさみを入れ、最後に師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)が止めばさみ。断髪式の途中から目をうるませて「途中からはこらえるので精いっぱいだった。でも、ギリギリだったけど、泣かないと決めていたので」と耐えて、大銀杏(おおいちょう)と別れを告げた。

体重100キロに満たない筋肉質の体で土俵を沸かせた男は、10月中にも母国に戻る。断髪後は「相撲界に入る前の髪形。ゼロからですよ」と丸刈り姿で登場し、その男前の姿に鶴竜らから笑みがこぼれた。

稀勢の里は「(ハリウッド俳優の)ジェイソン・ステイサムだね。似合ってる」とおだてて「自分の相撲以上に緊張して、ドキドキして見ていた。あの相撲が見られなくなるのは寂しいですね」と言い、若の里(38)も「愛情を込めて『引退する順番を守れ!』と言いたいですね」と惜しんでいた。



私は普段幕内の相撲しか見ないので、この人を最初に知ったのはまだ大関に上がる前の、稀勢の里の付き人としてだった。稀勢の里が花道奥に姿を現すといつも、髪の薄いひょろっとした白人の取的がペットボトルをもって脇に控えている。

どんな力士だろうと調べてみたら、チェコ出身でもう何年も幕下三段目で苦労しているとのこと。外国出身力士は一部屋一人という枠があるから、親方によっては出世が遅いと早々見切りをつけて帰国させ、別の外国人にチェンジしてしまうという話も聞いている。だからこういう人も大事に育てるというのは、生真面目な(当時の)鳴戸親方らしいな、と妙な所で感心しながら見ていた。インシュリン注射が問題になったこともあったが、増量に悩む弟子に対する、親方の愛情ゆえの行動だったのだろう。

その後、例の八百長騒動で幕内十両に大量の解雇者が出て、穴を埋めるようにラッキーな形で関取に昇進。どこまでやれるかと思ったが、最高位前頭12枚目まで番付を上げた。90キロちょっとの体でよく務めたものだ。

筋骨隆々の体で相手を引っ張り込んで振り回すという、いかにも鳴戸部屋の軽量力士といった相撲振りだった。中に入るような取り口はほとんどなかったのもあって、幕内ではあまり活躍できなかったが、それでも細い体で俊敏に動き回る、銭の取れるお相撲さんであった。

本当にお疲れ様でした。第二の人生、幸多からんことを!



しかしイケメンだな…




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさま隆の山

あの八百長騒動で20人以上の力士が引退に追い込まれたことについては、今でも納得できない部分があります(何人か贔屓の力士もいたので)。
ただ、この大量引退(解雇)がなければ、隆の山は十両は昇進できても、入幕は無理だっただろうと思われるので、その点のみ八百長騒動の処分は正解だったと、自分に納得させています。

shin2さんコメントありがとうございます。

あの騒動の強引な幕引きは、確かに私もいまだに納得できていない部分があります。德瀬川は渋みのあるいいお相撲さんでした。残っていれば今頃は当然三役、もしかすると大関をうかがうレベルまで行っていたかも知れません。白馬も軽量ながらよく頑張っていました。他にも大勢の力士や親方たちが将来を奪われたわけで…とにかく本場所の再開を目指す放駒理事長の主導で、強引にすべてが執り行われてしまった。

ただ、他にやりようがあったろうかと考えると、それもまた難しく。まあ隆の山の入幕をもって一つの成果と考えるのも苦しいながらアリかも知れませんね。

土俵に上がる蒼国来の姿を見るたびに、あれは何だったのかという気持ちも私の中に湧いて来たりもします。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。