スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三日目

新大関早くも2敗目

○嘉風<西前三・2-1>(こまたすくい)豪栄道<西大関1-2>●

立ち合い豪栄道右四つに組みに出るが、
嘉風突いて行くと豪栄道応じて突っ張りに切りかえ、
東土俵際まで一気に持っていく。
俵に詰まった嘉風左にいなせば、
豪栄道なんのと残して再び攻め込もうとするところ、
青房で嘉風十八番の頭を下げて潜りこむ動きから左を差し、
右手で豪栄道の右足を捕え相手の右腰に食らいつく。
窮地に陥った豪栄道、正面土俵際右小手投げで打開をはかるも、
嘉風しがみついて離さず、右からの小股すくいで土俵中央に大関をひっくり返す。

豪栄道はこれで1勝2敗。
1勝は不戦勝によるもので、大関として相撲を取っての勝ち星は未だなし。

取組後の殊勲インタビューで嘉風は、
立ち合いから攻め込まれてもいなして残した点について
「大関は勝負が決まったと思って力を抜いたんじゃないですか」とのコメント。
この日向正面解説の元岩木山、関ノ戸親方も同様の見立てで、
そうしたところがあったのかもしれない。

初日もそうだったが豪栄道、
相当勝ちにはやっている様子で、見ていて気ぜわしい。
落ちついて行けよと思うが、簡単ではないのだろう。


新入幕逸ノ城、栃煌山を降す

●栃煌山<東前八・2-1>(よりきり)逸ノ城<東前十・3-0>○

逸ノ城左へ変わり気味に立って上手を伺うが、
栃煌山鋭く立って双ハズで押し込み東土俵に追い詰めるも、
逸ノ城左を深く差して残し、右を首に巻くと、
豪快な左下手投げで栃煌山を向上面に運び、最後は寄り切る。

192センチ199キロの体格に物を言わせるような相撲で、
新入幕逸ノ城が栃煌山を破った。
右で相手の首根っこを捕えてひねりながら左から投げを打つと、
三役常連の力士を赤子のように土俵際に持って行ってしまった。
栃煌山が先場所痛めた左肩がまだ全治していない点を割り引いても、
この勝利は大きい。


白鵬が照ノ富士を一蹴

○白鵬<東横綱3-0>(よりきり)照ノ富士<東前筆頭1-2>●

白鵬素早く立って左前ミツを引き、右を差してカイナを返し、
一気に照ノ富士を黒房に寄り切る。

白鵬が初顔の相手に、自分の原型ともいえるスタイルであっさり勝利。
照ノ富士は何もできずに土俵を割ったが、
立ち合いは左の横ミツに安易に手を伸ばすなど、
ずいぶん素直で無邪気な相撲だった。

出稽古や巡業で稽古をつけてもらっていたという話も聞いていたが、
そうした場では、白鵬も適当に力を抜いて応じてやっていたのだろう。
今日もそんな調子で向かって行ったら、
本場所は違うぞ、と白鵬がたしなめるような相撲だった。

横綱とがっぷり四つの相撲でも取りたかっただろう照ノ富士は、
当てが外れてしょんぼりした顔で引きあげていった。
勝手な推測だが、この勝負を楽しみにしていたのかもしれない。

後に横綱や大関になった人はみな、
「大関に上るまでは相撲が楽しくて仕方なかった」と口をそろえていう。
ありあまる素質をプレッシャーとは無縁の環境で存分に発揮できる、
そんな喜びがあるのだろう。
これからしばらく、照ノ富士や逸ノ城はそんな時期が続いていく。

同じ若手でも日本人となると、とかく周囲の期待が大きい。
勝とうが負けようがつまるところ悪役、のモンゴル勢は、
体格だけではなくこうしたメンタル面でも有利かもしれない。


その日本人の若手である遠藤は鶴竜相手に前に出て、肩すかしに敗れる。
初日から3日連続で横綱に挑戦、いずれも引き技に屈した。
立ち合いの圧力という課題を克服しようと必死だが、まだ足がついていかない。
恵まれた体力をプレッシャーとは無縁の環境で存分に発揮するモンゴル勢にくらべ、
大歓声のなか小さな体で奮闘するさまは、見ていて痛々しい。
遠藤シートは売りに出されても、照ノ富士シートが売られることは当面ないだろう。
温かく見守っていくしかないのだが。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。