スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十日目

イチン、嘉風も撃破

○逸ノ城<東前十・9-1>(はたきこみ)嘉風<西前三・6-4>●

立ち合い逸ノ城右をのぞかせれば、
嘉風左からおっつけて右で顔面を張って応じ、
中に入ろうとするところ、
逸ノ城素早い引き足で距離を取りつつ叩きこむ。

この日から後半戦に登場した逸ノ城。動きの速い嘉風にしっかり対応し、簡単に下した。重くて速い。いよいよ本物。

十一日目の相手は大関稀勢の里と決まった。稀勢の里の欠点の一つは自分より大きな相手にも、小さな相手同様胸を合わせて勝負してしまうところで、それで把瑠都にもよく苦労していた。すでに今場所3敗と調子を下げていることも相まって、逸ノ城には大いにチャンス。


稀勢の里、遅攻がアダとなり3敗目

○宝富士<東前四・5-5>(よりきり)稀勢の里<西大関7-3>●

立って左四つ、
互いに左を引いておっつけながら上手を伺う格好のまま1分経過、
やがて先に上手を引いたのは宝富士、
これはチャンスと東土俵に攻めこめば、
稀勢の里土俵際下手投げに逃れようとするが、
宝富士上手投げに返し最後は寄り倒す。

同じ左四つの型で、地力は当然大関が優る。宝富士は正攻法の相撲で、あまり小細工もない。稀勢の里があっさり仕留めるだろうと見ていたが、逆の結果で見る側は驚く。

稀勢の里は左を差してじっくり取るいつもの相撲だったが、前日豪栄道に敗れたこともあってか過度に慎重で、前にでることすらためらっているような嫌いがあった。そのうち宝富士に上手を許し、あれ、どうしよう、と思う間にやられてしまった。あまりにも人間的で悲しい。


白鵬は大砂嵐を退けてただ一人全勝を維持。
1敗で鶴竜、逸ノ城が追う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。