スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四日目

白鵬が逸ノ城を降す

○白鵬<東横綱13-1>(うわてだしなげ)逸ノ城<東前十・11-2>●

立ち合って右四つ、
白鵬左上手を引き右差し手を返し万全の格好、
すぐには出ず、土俵中央右腰を引いて逸ノ城の上手を遠ざけ、
じっくり構え数秒経過、
機をみて右の下手を引くと黒房に寄って出て、
逸ノ城残すところ、
白鵬左からの上手出し投げで転がす。

新入幕力士が横綱と1敗で並走し、十四日目に結びで取るという異例の割。結果的には白鵬の横綱相撲に終わった。逸ノ城もさすがに変化はせず、白鵬も張り差しなどは用いず真っ向から受けて立ち、両者正々堂々、見る側も取る側も納得の一番だった。明けても暮れても逸ノ城逸ノ城の今場所は、この一番で終わってしまったような観すらある。まだ一応千秋楽もあるのだが。


稀勢の里は鶴竜にやぶれ6敗

●稀勢の里<西大関8-6>(つきおとし)鶴竜<西横綱11-3>○

鶴竜左から張って立つも左四つは稀勢の里のかたち、
稀勢の里右からおっつけて出るも腰が高く寄り切れず、
鶴竜残して土俵中央に戻し右を巻きかえに行けば、
稀勢の里勝機とみて再び西土俵に寄るも上手は引けぬまま、
鶴竜俵に足がかかりながらも易々と右へ回り込み、突き落とす。

前半で見せた落ち着いた相撲振りが嘘のような、稀勢の里の慌てた取り口。出るのはいいが、勝負に行く前に上手をしっかり引くことを徹底できなかったろうか。遅攻にこだわって前半を1敗でしのいだあと、逆にそれがアダとなって九日目から豪栄道、宝富士に連敗。あんまりのんびりしてちゃ駄目だと思い直してか、今度は速攻に転じたが、逸ノ城や白鵬にそこをつかれた。この日もそんな印象。場所の中で両極端に走ってしまう。相撲は難しい。


勝ちに飢える遠藤

○荒鷲<西前八・5-9>(つきおとし)遠藤<西前筆頭3-11>●

遠藤立ち合い二本入り攻め込めば、
荒鷲右へ回り込みつつ行司だまりで左から突き落すと、
前のめりの遠藤あっさり土俵に這う。

前半の上位戦同様、遠藤は極端な前傾姿勢で墓穴を掘った。荒鷲ぐらいの相手なら楽に組み止めて勝つかな、と思ったのだが。大負けして勝ちに逸るあまり、自分の相撲も見失っている。随分辛い場所になった。


十四日目終えて1敗白鵬、2敗逸ノ城。

千秋楽で逸ノ城が対戦相手の安美錦に勝ち、白鵬が鶴竜に敗れた場合のみ決定戦となるが、前者はともかく後者はあまり見込みはなさそうだ。まあ白鵬の優勝は固い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。