スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみな琴欧洲親方

スポニチの記事から。

琴欧洲親方が日体大生に 来日前に大学中退、3年から「編入」

大相撲の佐渡ケ嶽部屋の部屋付き親方である琴欧洲親方(元大関)が来年4月から日体大の学生となることが7日、明らかになった。角界入門前に通っていた母国ブルガリアの国立体育大学からの「編入」という措置で入学する予定。スポーツ科学などを学んで親方としてのスキルアップを図るとともに、強豪相撲部の臨時コーチとして学生を指導する計画もある。

今年3月に現役を引退した31歳の琴欧洲親方が新たな挑戦に乗り出す。この日、神奈川県横浜市の日体大健志台キャンパスを訪問。スポーツを通じた国際化を推進する大学側の要望に応えるべく、自身が持つ唯一の優勝額(08年夏場所)を寄贈した。キャンパス内に掲げられた優勝額を見て親方は「自分も体育大学出身なので、これを見て若い人に頑張ってもらいたい」とあいさつ。だが、日体大との“縁”はこれで終わりではなかった。

贈呈式に出席した松浪健四郎日体大理事長は「来年4月から学生として学んでもらうことになった」と説明。かつて親方は母国ブルガリアの国立体育大学に通ってレスリング選手として五輪を目指したが、体重制限によって夢を断念。大学2年で中退して来日し、角界の門を叩いた経緯がある。そのため、ブルガリアの大学在籍時に取った単位数を日体大が認めた上で、大学3年からの「編入」という措置が取られる予定。また、妙義龍、千代大龍らを輩出した相撲部の斎藤一雄監督は「臨時で指導してほしい」と学生コーチに就任させる方針を示した。

親方は「この縁を終わらせたくない。まわしを締めて相撲も教えたい。試合に出てもいいよ」とジョーク交じりでキャンパスライフへの意欲を述べた。さすがにそれには松浪理事長が「出てもいいけど学生のレベルは高いからね。もう稽古をしていない親方には厳しいでしょう」と話せば、斎藤監督も「元大関ですから無理です…。親方が出たいというのであれば、まわしは用意しますけどね」と笑顔で対応した。

相撲協会の親方が学生になることは極めて異例。試合への出場は冗談?として、指導者として科学的なトレーニング理論を学ぶことで角界に新風をもたらすつもりだ。

2014年10月8日 05:30


現役時代はいやいや相撲を取っているような雰囲気があり、おまけに大の吝嗇家という噂のあった琴欧洲。せっせと蓄財し、引退後はどうせブルガリアに帰って事業でもやるのだろうと私は勝手に思っていた。

ところが現役時代の晩年には日本国籍を取得。内弟子集めにも奔走しているとの話も多々あり、おや、と思っていたら引退後はあちこちテレビに登場。貴重な集金イベントである引退相撲の告知に精を出す。正直出すぎなんじゃないかとすら思われたが、努力の甲斐あって盛況に終わったようで。

年寄株の取得に苦労しているのかな、不知火は若荒雄に行ってしまったしな、フフン、などと外野としては人の苦労を勝手な想像で面白がって見ていたり。しかしこういうニュースを読むと、この人はこの人で自分なりの相撲道を追及しているのが感じられる。

現役時代は「怪我は稽古場で治せ」という角界の慣習に苦しみ、土俵生活に悔いを残したこの親方。西洋の合理主義で育った人だけに、「俺ならこうするのに」という思いは他の日本出身の親方以上に強いのだろう。5年後10年後が楽しみ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

琴欧洲より松浪健四郎

松浪健四郎氏が日体大の理事長になってたことに驚いてます。

チョンマゲ水かけ国会議員とか、この間猪木と北朝鮮行ってプロレスやってきたとか、ちょっとお近づきになりたくないタイプの人なんですが、大丈夫かな?

チョンマゲつながりで大相撲とコネつくろうとしてるんかな。いつの間にか横審委員とか、相撲協会の外部役員にチャッカリ納まりそうで、心配です。

shin2さんコメントありがとうございます

そっちですか(笑)
私はさらっと読み流していたんですが…

まあ松浪健四郎サンというと、
私は、武闘派の胡散臭いオヤジ、くらいのイメージで、
日体大の理事長か、なんかそれっぽいな、
程度の認識だったのですが。

文科省の副大臣もやってたみたいですし、
既にいろいろ角界とつながりはありそうですね。

今wikiなどチラと見ましたが、
暴力団とのつながりなども書かれてあり、
そういえばそんなスキャンダルもあったなあと。

こういう人が横審の委員になったりすると…
また面倒なことになりそうですね。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。