スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州場所新番付発表

九州場所の新番付が発表された。

逸ノ城スピード出世!九州場所は新関脇(ニッカン)

日本相撲協会は27日、大相撲九州場所(11月9日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した。

秋場所で千代の富士に並ぶ歴代2位タイの31度目優勝を決めた白鵬(29=宮城野)が、5場所連続で東の横綱となった。今場所は歴代最多となる大鵬の32回に挑む。

新入幕ながら13勝2敗の好成績で、千秋楽まで白鵬と優勝争いをした逸ノ城(21=湊)は西関脇となり、新三役に昇進。幕下付け出しデビューから所要5場所での新関脇、新三役は、いずれも昭和以降1位のスピード出世となった。新入幕翌場所の関脇昇進も昭和以降初だ。

ブルガリア出身の碧山(28=春日野)も新関脇に昇進。先場所に快進撃を続けていた逸ノ城に勝った勢(28=伊勢ノ海)は新小結となった。

新入幕はロシア出身の阿夢露(31=阿武松)ただ1人。31歳4カ月での新入幕は戦後10位の高齢で、初土俵から所要74場所は、外国出身力士では史上1位のスロー記録となった。栃ノ心(27=春日野)は8場所ぶり、徳勝龍(28=木瀬)は2場所ぶり、誉富士(29=伊勢ケ浜)は9場所ぶり、琴勇輝(23=佐渡ケ嶽)は5場所ぶりの幕内復帰を決めた。



先場所千代の富士の優勝回数と並んだ白鵬は、今場所いよいよ大鵬と並ぼうとしている。
大鵬にしても千代の富士にしても、記録の達成は晩年力が落ちてから。
最後の気力を振り絞るようにして賜杯を手にしたのだった。
大鵬など32回目の優勝は八百長工作によるものという話すらある。
(NHKで解説をしていた玉の海梅吉さんが、番組を降りてから週刊誌に告発していた)

対して白鵬は一時の力感こそ失ったとは言え、まだまだ第一人者の貫録十分。
今年もすでに年4場所を制覇しており、放っておくと40回も50回も優勝してしまいそうだ。

しかし一方白鵬嫌いのワタクシとしては、
33回の新記録を達成してしまえば案外モチベーションがガクンと落ちるのではという期待もある。

歴代1位の記録を打ち立ててしまえば、いかに白鵬といえども人の子。
何を目指したものかしらんとたちまち闘志も萎え、別人のように呆けた相撲を見せるのではないか。

…というか、お願いですからもういい加減衰えてくださいよ、ホントに。


新関脇に逸ノ城。
今場所は逸ノ城自身の相撲もさることながら、
対戦相手がどれだけ研究してくるかというのがむしろ見どころか。
先輩力士たちの逸ノ城攻略法が楽しみだ。


逸ノ城のおかげですっかり影の薄くなったのが大砂嵐と遠藤。
それぞれ平幕の上位から、西の5枚目と8枚目に番付を落とした。
どちらも周囲から相撲を、特に立ち合いの弱みを覚えられて苦労している。

上にあがって立ち合いで悩むのは誰しも通る道であるし、
これでメッキが剥げただの何だのというのは無茶な話だ。
時間をかけて地力をつけていけばいいと思う。
遠藤も立ち合いの二歩目、左足の踏み込みが改善されれば、
先場所のような惨めな相撲にはならないだろう。
辛抱しどころ。


7月場所で右膝に大怪我を負った豊真将。
先場所全休で、今場所は西十両9枚目まで番付を下げた。
また休むとなれば幕下落ちも必至だが、どうなるのだろう。
ネット上でも情報が全くなく、かなり心配。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。