スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠岐の海が婚約


ニッカンの記事から。

隠岐の海が婚約 博多美女射止めた

元小結で東前頭7枚目の隠岐の海(29=八角)が28日、福岡市内で婚約を発表した。

相手は、同市出身で栄養士兼調理師の佐々木詩子さん(25)。師匠の八角親方(元横綱北勝海)と、亡くなった佐々木さんの父賢雄さんが知り合いで、入門時から顔見知りだった。昨年九州場所後に急接近。今年1月に隠岐の海が電話で「最後の恋愛にしたい」と交際を申し込み、女優石原さとみ似の博多美人のハートを射止めた。「芸能人よりきれい」とのろけた隠岐の海は「奥さんのために頑張れる力士になりたい」と出世を誓った。


婚約者は目の大きなはつらつとした美人さん。おめでとう隠岐の海。

それにしても今年に入ってから4場所連続負け越しと不振を極めたこの人。昨年は新三役も経験し、年末には師匠から「来年は大関を」との声も上がっていた。私も結構期待していたが、年があけるとこの低調振り。怪我か病気かと見る側は気を揉んだが「どこも悪いところはない」というのが本人のコメントだった。

ところが先場所幕尻の一歩手前まで落ちたところで、10勝5敗と久々に気を吐いた。好調の原因を問われ、NHKの中継で紹介されたコメントがまた妙で、「先場所まで何が悪かったのか分からない。今場所何がいいのかも分からない」とのことだった。

この男は少し自己分析とかしないのか。分からない分からないってアスリートなんだから少し考えろよと、私はテレビに向かって悪態をついたものだ。しかし今年に入って交際を開始したとの今回の報道。彼女に夢中で相撲どころではなかったとみれば、何だか隠岐の海らしいなと思わないでもなかったり。外野の勝手な推測にすぎないが。

まあ晴れて恋愛も成就したということで、稽古嫌いを返上し、これからは大関への道を邁進…するだろうか。何だかこの人は変わらないような気もするのだけれど。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。