スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六日目

鶴竜、2分半の熱戦の末逸ノ城に雪辱

●逸ノ城<西関脇3-3>(よりきり)鶴竜<西横綱6-0>○

立ち合い逸ノ城右を差して鶴竜に左を与えず、左から抱え込んで一気に前へ。
しかし鶴竜右へ回り込んで巧みに残せば、右四つで両ミツ引いて青房に寄り立てる。
逸ノ城は俵に詰まったが両ミツ引き胸を合わせると、小山のように動かず。
鶴竜これではならじと寄るのをやめ、
頭をつけて両ミツを浅く左側にもちかえ、逸ノ城の左上手を遠ざける。
体躯に優る逸ノ城は右をのぞかせ右半身で堪え、横綱のスタミナ切れを待つ。
やがて息の上がってきた鶴竜、そろそろ勝負と投げで揺さぶるが、
逸ノ城を呼び込みそうになりこれは断念。
上手から向正面に寄りたてて、最後は寄り切る。

逸ノ城の腰の重さに鶴竜は相当手こずったが、最後は何とか寄り切った。
逸ノ城は受けの強さはアピールしたものの、半身になってそこから何かできるほどの芸がまだ無い。
立ち合い攻め込んだ他は防戦一方に終始したのは残念。
しかし1年もすれば左からおっつけて胸を合わせ、今日とは逆の結果を出しているような…


白鵬、らしからぬ金星配給

●白鵬<東横綱5-1>(はたきこみ)高安<東前三・4-2>○

高安立ち合い白鵬の胸元めがけて二、三発突っ張り、
さっと体を右に開きはたけば、
白鵬西から正面へたたらを踏んで泳ぎ土俵下に落ちる。

白鵬がまさかの金星配給。
相手の引き技にここまでバタバタと揺らいだのは、
横綱になって初めてではなかろうか(…たぶん)。

なぜこうなったのか正直よく分からない。
ただ今場所の白鵬は大鵬超えのプレッシャーゆえか、
初日から少し様子がおかしかったのは確かだ。

スロースタートが常なのに初日からエンジン全開であったり、
二日目は安美錦相手に無防備に突っ込んで紙一重の星を拾ったり。
三日目は栃煌山に立ち合いからいっぺんに土俵際まで持っていかれたり。
ただその後四日目五日目と安定感を取り戻し、
おや立て直してきたかと見ていたのだが。

私も二日目のブログで、若干の期待憂慮を書いたりしたが、現実のものとなった。
ただ今回はスタミナ切れというより、集中力の欠如と考えたほうがいいのだろう。

…以下妄想。

双葉山の69連勝に挑んだときも見せた、
モンゴル人の自分が抜いていいのかという念慮。
今回もそんな思いがあるのかもしれない。

もしもそうだとするならば、いらぬ心配は無用である。
どうせ記録を抜くのなら、精一杯やってもらった方が、
私のようなアンチ白鵬にとっても憎み甲斐があるというものだ。
思い切り取ってほしいと思う。

…なんと一人上手なブログだろう(笑)


6日目終わって全勝は鶴竜ただ1人、
1敗が白鵬、稀勢の里、平幕の隠岐の海、旭天鵬、そのほかいろいろ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。