スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十二日目

鶴竜、したたかな変化で1敗をキープ

●豪栄道<西大関4-8>(はたきこみ)鶴竜<西横綱11-1>○

鶴竜立ち合い右に変わって叩けば、豪栄道土俵中央に這う。
館内騒然、罵声が飛び交う中、鶴竜しれっと勝ち残りに腰をおろす。

昨日稀勢の里に完敗し、優勝戦線のトップから引きずりおろされた鶴竜。
横綱昇進後初の優勝をめざし、今日は立ち合い変化を敢行。
頭になかった豪栄道はあっさりと術中にはまった。

横綱という立場からすれば恥ずかしい相撲だし、
ダメ押し以上に非難さるべき行為だろう。
これはやってはいけなかった。

ただ鶴竜は子犬のような顔に似合わず、
元々こうしたふてぶてしさも根っこにはある人だ。
三役だったころには白鵬相手に、立ち合いで陽動作戦に打って出たこともあった

久々に鶴竜のダークサイドを見た気がする。
(「黒竜」とでも呼びたくなった)
まあそれだけ今回のチャンスに向けた思いは強いのだろう。
だからといって今日の相撲が免罪されるわけではないのだが。


今場所もやっぱり、の稀勢の里

○白鵬<東横綱11-1>(うわてなげ)稀勢の里<西大関9-3>●

いつもかみ合わない二人の立ち合い、今日は一発で決まる。
白鵬右から張って二本のぞかせれば、稀勢の里右からおっつける、
白鵬ならばと左を抜いて上手を引き、ちょっと出ておいて上手投げ、
稀勢の里仕切り線上に転がる。

2敗の稀勢の里としては1敗の白鵬を引きずりおろすチャンスだったが、
立ち合いから白鵬のタイミング。
あれあれ、と思う間に稀勢の里はやられてしまった。
左からはおっつけもなく、右を差されるとふわっと上手を求めるような手の動き。
白鵬の右四つにすんなりお付き合いしていた。
立ち合いを合わせるのは結構だが、相撲まで合わせることはないだろう。
といって立ち合いを合わせないとまた審判に怒られるわけだが…

しかしこれなら以前のように、
自分のタイミングに頑としてこだわっていた頃の方がマシだったのではないか。


優勝争いは1敗の鶴竜、白鵬にほぼ絞られた。


勝ちを急ぐ隠岐の海

○高安<東前三・8-4>(つきおとし)隠岐の海<東前七・7-5>●

突っ張り合いから互いに得意の左四つ、
高安左を深く差して返し右からおっつけて上手を狙えば、
隠岐の海右から小手に振って崩し、左のど輪で行司だまりに攻め込むも腰が伸びる、
高安土俵際二本差しとなって残し、左から突き落す。

どちらも勝ち越しがかかっていたが、制したのは高安。
隠岐の海は7勝とリーチとなってから、これで3連敗。
不利な体勢にもかかわらず攻め急ぎ、墓穴を掘る相撲が続いている。
序盤で3連勝したときは立ち合いからの速攻が光っていた。
そのときの感覚が、後半に来て悪影響を及ぼしているように見えないでもない。


6敗の大関琴奨菊は逸ノ城相手に、時折見せる左前ミツ右差しの速攻で完勝。
6-6と五分の星で明日から横綱3連戦。
案外この人が賜杯争いを引っ掻き回す気がしないでもない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。