スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州場所まとめ・その2


九州場所まとめ、の続き。


白鵬について。

序盤は気合いが入りすぎたり、栃煌山に攻め込まれたり。
こりゃ今場所危ないかな、と見ていたら六日目の高安戦で不覚の1敗。
しかしその後は立て直し、1差で全勝の鶴竜をじっと追い続け、
終盤に入れば鶴竜の側が自滅。
14勝1敗で大鵬の記録にならぶ32回目の優勝を遂げる。

まあ御立派、ではあったのだが、
優勝インタビューは相変わらず全開の白鵬節。
「15年前に62キロの少年がここまで来るとは…」
自分で言うかねえ、そういうの。



日本人には謙譲の美徳というものがあってだね、とでも言いたくなったが、
モンゴルから来たんだから仕方ないよね、という思いからだろうか、
ネットでもメディアでもこの辺りに文句を付けている人はいないようだった。
私が硬すぎるのかなあ。

大久保利通や明治天皇をペラペラと讃えるより、
こういうところを直してもらったほうが私は彼を好きになれるのだが。
(まあ私の好き嫌いなんて白鵬にとってはどうでもいい事なのだが(笑))

あと最近の白鵬のお行儀の悪さについて。
懸賞の取り方やダメ押しなどなどよく言われる。
イカンよなあとは私も思うけれど、
それだけ白鵬も地力が落ちて、余裕がなくなって来た印象も強い。
そういう彼をニヤニヤしながら見るというのも、
下種な相撲好きとして楽しみだったりもする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うぃぬっさん、こんばんは。

白鵬関には、持っているものすべて出して力尽きる
まで相撲を取ってほしいと思っています。

年齢的な体力の問題がある中、どのような取り口で
横綱であり続けることができるのか注目しています。

雑談さんコメントありがとうございます

雑談さんこんばんは。

そうですねえ、
まあ力の落ちてきた白鵬を
私は意地の悪い目で見ちゃってるんですが…

雑談さんのように、
まだどんな引き出しがあるのかと見ていくこともできるんですよね。

かつての左前ミツからの相撲はもうあまりお目にかかれませんが、
抜群の反射神経、柔軟性、
それでどこまで行けるか、私も見ていきたいと思います。

ま、白鵬の力が落ちて、
混沌とした優勝争いになるのを見たい気持ちも強いのですが…
なんて。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。