スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八百長裁判に勝利

ひところ話題になった、武田頼政さんの記事について判決が確定したらしい。

大相撲八百長裁判、判決確定…講談社、広告と4400万円賠償

週刊現代の八百長疑惑報道で名誉を傷つけられたとして、日本相撲協会などが発行元の講談社や執筆者らに損害賠償や記事取り消し広告の掲載を求めた2件の訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は21日、講談社側の上告を退けた。講談社側に広告掲載と総額約4400万円の支払いを命じた2件の二審判決が確定した。

争点は、記事取り消し広告掲載の命令が思想信条の自由や表現の自由を保障した憲法に反するかどうか。謝罪広告については1956年の最高裁大法廷判決で「真相を告白し、陳謝を表明する程度にとどまる内容ならば合憲」と認めている。横田裁判長は「今回の記事取り消し広告も判例の程度にとどまることは明らか」と指摘した。

一審東京地裁、二審東京高裁判決によると、週刊現代は2007年2月3日号から同17日号まで3週にわたり「横綱朝青龍の八百長を告発する」などの見出しで特集記事を掲載。

この年の3月10日号では、1975年春場所で当時横綱だった北の湖元理事長と大関だった故先代二子山親方(貴ノ花)が対戦した千秋楽結びの一番や優勝決定戦で八百長があった、などと報じた。

元朝青龍関の報道で昨年12月の二審判決は、賠償額を一審の約4290万円から約3960万円に減額。もう一方の報道でも今年3月の二審判決は一審の約1540万円から440万円に減額した。

北の湖元理事長(元横綱)「長期間にわたる裁判にようやく決着がつき、ほっとしている。これで八百長報道に何の根拠もなかったことが明らかになり、私の名誉が回復されたことをうれしく思う」

放駒理事長(元大関・魁傑)「当方の勝訴が確定したことは誠に喜ばしい。これを機に協会は大相撲がさらに魅力的なものになるように一層努力していきたい」

講談社広報室のコメント「取り消し広告は違憲とする弊社や筆者の主張が入れられなかったのは極めて遺憾だ。週刊現代誌上で主張を詳しく述べたい」


もう手元に雑誌もないからあいまいな記憶になってしまった記事。
しかし読んだ当時は、
あまり書き手は普段大相撲を見ていないのでは?と思わされる記述がところどころあったように思う。
さほど相撲に馴染みのない人が、限られたソースから話を組み立てたような印象をうけた。
協会もこの相手なら勝てると思ったから、裁判に持ち込んだのかもしれない。

八百長の話は相撲ファンにとって面倒なものだ。
真剣勝負と思ってみていたものが、実は仕組んでいたのだよと聞けば裏切られた思いがする。
しかし土俵上で力士がケガを負う場面や、サポーター姿でなおも戦いに挑む様子をみれば、
そんな目で見るのは申し訳なくも感じる。
といって気の抜けたような一番をみると、やっぱり週刊誌は正しかったのかしらん等とも思えてしまう。
まあ人間のやることだから、
時に負けの込んだ相手に同情するとか、日によって身の入らないときもあるとは思うのだけど。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。