スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊真将が堀切の後塵を拝す初場所番付


来年初場所の番付が発表された。

【初場所】白鵬、6場所連続東の横綱(報知

日本相撲協会は24日、大相撲初場所(来年1月11日初日・両国国技館)の新番付を発表し、新三役や新入幕はいなかった。大鵬を抜いて単独史上最多となる33度目の優勝を目指す横綱・白鵬が6場所連続で東の正位に座った。残りの2横綱は西に鶴竜、東に日馬富士。大関陣は稀勢の里が東で、ともにかど番の琴奨菊と豪栄道が西となった。

東関脇は碧山で、大関昇進の足掛かりを築きたい逸ノ城は2場所連続で西関脇を務める。先場所2横綱1大関撃破の高安は8場所ぶりに小結へ返り咲き、東に就いた。西小結・栃煌山は3場所ぶりの三役。先場所10勝の人気者、遠藤は横綱、大関と総当たりが確実な東前頭3枚目に上がった。

18場所ぶりに再入幕の土佐豊は左脚負傷で西三段目84枚目まで落ちてからのカムバックで、戦後1位の最低地位からの復帰を果たした。時天空、佐田の富士、鏡桜が2場所ぶりに再入幕した。

18歳5か月20日の阿武咲は昭和以降10番目に若い新十両となった。再十両は明瀬山と舛ノ山。



カド番の大関2人、琴奨菊と豪栄道。

まあ琴奨菊はこれで4回目ということで、経験は十分(といっていいのか)。意外にあっさりクリアするかも知れない(←適当)。

何より心配なのは初カド番の豪栄道。昇進2場所目で5勝10敗と大負けした先場所は、格下相手に勝ち急いで自滅する相撲が目立った。大関の地位からくる重圧を、まともに受けていた様子。そこに負け越せば陥落というプレッシャーも加わったとき、果たしてどこまでやれるのか。ちょっと気がかりだ。


平幕上位がちょっと面白い。

栃ノ心がとうとう西の筆頭まで番付を戻した。速攻相撲にモデルチェンジしたこの人が、久々の上位でどこまで暴れるか。このところ進境著しい、東の筆頭宝富士、二枚目の照ノ富士の伊勢ケ浜勢も楽しみだ。

このあたりが前半戦でカド番大関を食うくらい番狂わせが進むと、大関陥落も相まって、来場所以降三役まわりがカオスになりそうな予感もある。まあ抜け出すのはどのみち逸ノ城なのだろうが。

先場所西の8枚目で10勝5敗と気を吐いた遠藤は、東の3枚目。引用記事にもある通り、横綱大関と総当たりする地位ではあるが、未だ上位に勝つイメージが湧かない。体がまだ小さいのが難点で、太りすぎの逸ノ城が肉を10キロくらい分けてあげれば、お互い丁度いいのだろうに。


先場所途中休場を挟んで4勝6敗5休に終えた大砂嵐は、西5枚目から東の13枚目にランクダウン。十日目から再出場して、両膝がロクに曲がらない中4つの白星を挙げたのは立派だった。下半身の固さはかねがね問題視されてきたが、ここに来て一気に顕在化したようで、状態が心配だ。


豊真将は7月場所の膝の大怪我による途中休場から、2場所連続の全休。今回は東幕下7枚目。弟弟子で注目株の堀切(西幕下2枚目)より下になってしまった。

メディアから動静は全く伝わって来ない。ケガの具合も定かではないが、相撲を続けると決めた以上、復活を祈りたい。というか、出られるのだろうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。