スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横綱経験者のいない相撲協会

鶴竜結婚 23歳モンゴル人と 5月パパ(ニッカン

大相撲の横綱鶴竜(29=井筒)が、モンゴル人のダシニャム・ムンフザヤさん(23)と結婚することが12月31日、明らかになった。

5月には第1子も誕生する予定という。関係者によると、昨年夏場所ごろから交際が始まり、8月ごろから都内の自宅で一緒に生活を始めた。初場所(1月11日初日、東京・両国国技館)前に会見する予定で、早ければ初場所後にも婚姻届を提出する。既に両親へのあいさつも済ませており、周囲には「元気で明るい女性」と紹介しているという。以前、好きな女性のタイプについては「意見が合ったり、一緒にいてリラックスできる人、落ち着ける人が1番」と話していた。横綱昇進後の4場所は優勝を逃しており、初場所で横綱初優勝に挑む。



わたくしのツイート。


日馬富士は既に母国で警察官僚の資格を取得しており、
今は法政大学大学院の政策創造研究科というところで勉強中。
引退後はおそらく国に帰って政界に身を投じるのだろう。

白鵬は未だはっきりしない。
日本の女性と結婚してはいるが、国籍の変更は未だ手を付けていないようだ。
父親が反対しているという噂もあるが、実際のところよく分からない。
先場所の明治天皇への賛辞は、モンゴル国籍のまま年寄として残るための、
協会や世間へのアピールだという見方もあった。
いずれにせよ先行きは不透明だ。

そして今回の鶴竜。
この人は大関になったころ、親方も現役時代に名乗っていた、
井筒部屋伝統の四股名「逆鉾」を襲名しては、との声があがった。
親方から話が出たのか、後援者やメディアから出たのか、
そこは定かでないが、当人が否定。
このあたりで、引退後角界に残る気はなさそうな気配を漂わせてはいた。
今回の結婚は、その意思をより明瞭にしたように思う。

横綱経験者が続々と協会を去っていく。
この先日本人の横綱が誕生する見込みも当分なさそうだ。

現在横綱経験者でもっとも若いのは、42歳の貴乃花親方。
この人が定年を迎えるおよそ四半世紀のちには、
相撲協会に横綱経験者がいなくなってしまうのではなかろうか。
寂しい限りだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。