スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴光喜が断髪を決意


ネット上で未だ髪を長いまま保っている姿を見るたび、複雑な思いに駆られたものだが。
ついに決断した様子。

元琴光喜 一日限りの大関“復帰”東スポweb)

元大関琴光喜の田宮啓司氏(38)が2月7日に東京都内のホテルで断髪式を行うことになった。田宮氏は野球賭博に関与したとして2010年7月に日本相撲協会から解雇処分を受けた。その後は解雇無効を求める民事訴訟を起こしていたが、あえなく敗訴。断髪式では約5年ぶりとなる大銀杏を切り落とし、角界復帰への未練を断ち切るという。

大相撲の元看板力士が、ついに力士の象徴である「まげ」に別れを告げることになった。田宮氏は野球賭博に関与したとして2010年7月に日本相撲協会から解雇処分を受けた。その後は解雇無効を求める民事訴訟を起こしたが、13年9月に東京地裁で「解雇は有効」との判決が下されて敗訴。昨年2月には二審の東京高裁でも請求が退けられた。

角界復帰を本気で熱望していた田宮氏は解雇処分後も断髪をせず、長髪を頭の後ろで束ねていつでもまげが結える状態をキープしていた。現役復帰に備えて筋力トレーニングに励んでいた時期もある。力士としての復帰が現実的に厳しくなると、親方として角界に戻る夢を口にしたこともあったが、願いは最後までかなわなかった。

一方で、田宮氏は12年4月に故郷の愛知県内に焼き肉店を開店。地元では「味が良い」と評判も高く、昨年7月には2号店をオープンさせた。一昨年には従業員の雇用をめぐり入管難民法違反(不法就労助長)で逮捕されるトラブル(13年12月)があったものの、事業自体は順調に拡大。実業家として身を立てていくことに自信を深めているという。

都内で断髪式が行われる2月7日は、敗訴から1年がたつ節目の時期にあたる。角界復帰への未練を完全に断ち切り、実業家として歩む「第2の人生」に向けて気持ちに区切りをつけるものと見られる。当日は大銀杏がお披露目され「大関琴光喜」が一日限りの“復帰”を果たす。事実上の引退から5年後の断髪式は前代未聞の珍事。さまざまな紆余曲折を経てまげを切り落とす田宮氏は、いったいどんな表情を見せるのか。



角界に身を置いたこともない素人の印象だが、
賭け事くらいはお相撲さんたちにとって日常的なものだったろう。

この人が処分された一件も、あくまで氷山の一角ではなかったか。
かまびすしい世論に配慮して、相撲協会がスケープゴートに仕立て、
身の安泰をはかったように思われた。
あまりに重い処分だった。

八百長問題で処分された力士にしてもそうだが、
捨石となった彼らがいたからこそ、今の逸ノ城だ遠藤だの相撲人気があるわけで。
そこは忘れないでおきたい。


琴光喜の相撲で私が印象に残っているのはこの一番。
2009年の名古屋場所11日目、1敗の琴光喜が全勝の白鵬を寄り切って破り、
同じ星に引きずりおろした相撲である。



朝青龍から白鵬にほぼ覇権が移りつつあったこの頃、
新しいモンゴルの王者を、ベテランの国産大関が完ぺきな正攻法で打ち破った。
最後は大見栄を切るように左の差し手を返し、
白鵬の右腕はギブアップと言わんばかりのバンザイ状態。
胸のすく思いがした。

結局このあと連敗して、惜しくも優勝はならなかったのだが。
当時は2006年初場所栃東以来の日本出身力士の優勝なるかと、
一瞬とはいえ夢を見させてくれた。
(まあさらにそのあと5年もこんな状態が続くとは、そのころ夢にも思わなかったが)

経営する焼肉店も評判は良いようだ。
相撲人としては残念な最後だったが、第二の人生で花を咲かせてほしいと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

断髪式の出席者

さて、誰が琴光喜の断髪式に出席するか、賭けて(アカン)

佐渡ヶ嶽親方や部屋の現役力士は出るだろうか。
「元大関」の断髪式だから、他の部屋の横綱・大関も出るはずだが、
特異なケースだけに、難しいか。

引退した元力士ならば問題はないか。
貴闘力は出るだろう。長く琴光喜の付け人をやってた琴国も出席するだろう。

モンゴルからあの目立ちたがりの元横綱は?なんか来るような予感がしますが。

Re: 断髪式の出席者

shin2さんコメントありがとうございます。

誰が出ますかねぇ…というか、
まさかこんな切り口のコメントが来るとは思っていませんでしたw

まあ貴闘力は当然出るでしょうね。
琴国って人は私知りませんでした、タハハ…

あの元横綱は来るでしょう、きっと。
よく仲良さげな姿をネットなんかでも見ますし。

協会に現在所属している人は厳しいでしょうね。
ホントは一緒に苦労してきた琴欧洲とか、
クビになるとき擁護しようとした貴乃花とか、
参加したい、してほしい人は多々いるのでしょうけれど。
プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。