スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北の富士さんが白鵬の連勝に結構冷淡なこと

毎場所前にNHKから発売される雑誌「大相撲中継」。
名物連載である北の富士さんの場所展望、
毎号テレビ中継より率直な物言いでかなり面白いのだが、今回はいつにもまして舌好調。
大関がふがいないから優勝争いがちっとも盛り上がらない、と
ひとしきりぶったぎった後で、白鵬について。

九州場所の見どころということになると、はっきり言って前半だけでしょう。
七日目で69連勝になって、中日で70連勝。興味が持てるのはそこまで。
仮にそれ以上連勝が伸びたとしても、あまり興味はないね。
双葉山の記録がこれまで何十年も続いてきたのだけど、
それを抜いてしまったら、もうどうぞご自由にという感じですよ。
白鵬が69連勝を超えるかどうか、私にとっては、妙な、ちょっと複雑な気持ちだね。
仮に日本人の力士が双葉山を抜くというのであれば
もっと違った感覚があるかもしれない。
でも、そう思ったとしても日本人からはそういう力士は出てこない。
白鵬はそういう運命のもとにいるのだと思いますよ。

モンゴル人である白鵬が神様双葉山の記録を抜くことについて、
中継のなかでもあまり芳しいコメントはしてこなかった北の富士さん。
しかしここまで率直に言われると驚く。

相撲ファンとしては、確かに本音だよなあ…と思える部分もある。
私自身もちょっと前にこんなことを書いているし。
ただここまであからさまに言ってしまうのは、白鵬に気の毒ではないか。
外国人力士にとって、大相撲はどんなに努力しても所詮主役にはなれない世界…
というのもちょっと非情な気がする。

もっとも北の富士さんがこの連勝記録に冷めているのは、
白鵬が外国人であるからということだけではないようにも映る。
「そういう運命のもとにいるのだと思いますよ」というセリフがちょっと気になるところだ。
記事の発言をところどころ拾うと


「千代の富士の53連勝のときは、もっと熱かった。
でも、あの時代の力士たちと今を比べると役者が全然違うもん。
(中略)相撲内容も今よりももっと活気があった」

「琴欧州や把瑠都は大関に昇進するときは勢いがあったけど、
上がってからは全く魅力が感じられない。
体が大きいだけだから、ただの木偶の坊だ」

「要するに、ひと言でいえば、みんなけいこが足りないんだ」

と述べて、
今の力士は太りすぎで自分の体を持て余している、
だから攻防のある相撲も一日何番もない、
幕に入るとぶつかり稽古もちゃんとやらなくなっている、
最近の稽古は質も内容も落ちた、等々苦言を呈して

白鵬が千秋楽のインタビューに答えて
「運というのは努力した人間にしかこない」とか言ってたけど、
はっきり言って、白鵬だってそんなにけいこをする方ではないよ。
ほかの力士よりは多少は多いかもしれないけどね。


北の富士さんが冷めているのは、白鵬が外国人であるためだけではないのだろう。
現在の大相撲が力士の大型化やけいこの不足でレベルが低下し、
その中での連勝記録であるため、あまり価値を見出せていないように思える。

私が最初に相撲を見始めたのは小学生のころで、
ちょうど千代の富士時代の幕開けだった。
千代の富士と若島津の粘っこい大相撲などを、狂喜しながら見ていた世代である。
当時にくらべると確かに最近の相撲は大味で、淡白なものが多い。

最近ベースボールマガジン社が
明治からの大相撲を振り返るDVD付ムックのシリーズを出している。
(北の富士さんの記事を読んでいると、はっきりとは書いていないが、
この人もこのシリーズを見ているのではと思われる箇所がちょっとある)

これを見ると、自分が相撲を見始める以前の取り組みも楽しめる。
やはり栃若、柏鵬、貴輪、輪湖といった時代の相撲は攻防があって面白い。
自分が見ていた千代の富士の時代も今とくらべ全体に動きがシャープで見ていて楽しい。
特に前捌きの激しさ、おっつけの力感、互いの反応のスピードなどは現在とは段違いである。
果たして白鵬と当時の横綱たちが戦ったらどちらが勝つか、どちらがレベルが高いか、
そこまで素人目には分からないが、
千代の富士なら白鵬の左前ミツを簡単にとってあっさり勝てるんではないか、
白鵬が胸を合わせようとしても、そうはさせまい…などと妄想してしまう。

果たして大相撲はかつてのような躍動感を、再び取り戻せるのか。
私個人は、大きいだけが脳じゃない、ということを証明してくれる人が頂点に立ってくれれば、
徐々に流れも変わるのではと思っている。

その意味では稽古熱心で知られる日馬富士に期待しているのだが…
最近の膝から来る不調は残念でならない。
やはりああも周りが大きいと、体のダメージは大きいのかな。


別冊NHKウィークリーステラ 大相撲中継 2010年 11月号 [雑誌]別冊NHKウィークリーステラ 大相撲中継 2010年 11月号 [雑誌]
(2010/10/23)
不明

商品詳細を見る

追記

しかし考えてみれば朝青龍がすでに
「大きいだけが脳じゃない」ことをしめして頂点に立っていたんであった。
つまりひとり天才が現れたところで、なかなか全体が変わるわけではないのだろう。
スポンサーサイト

テーマ : 大相撲
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。