スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の豚年

初場所初日の中継を見ていたら、
照ノ富士がひつじ年の生まれで年男であるとの紹介が。

モンゴルにも干支はあるらしい。
ただし猪のかわりに豚なのだそうだ。

亥年の私はモンゴルに生まれていたら豚年ということになる。
ええブタなの、日本人で良かった、などと思ってググると、
どうやら中華文化圏(というのかな)においては豚のほうが一般的で、
日本がむしろ特殊らしい。

さらにモンゴルの風習を見ると、こんな記事が。

運のいい人は子年が見れる


「モンゴルでは亥年は「黄金の豚年」」
「この年に生まれた子は親孝行で富と権力を手に入れる天才になる」
「ひそかなベビーブームが起きた」


ブタ大人気である。


ついでにじゃあ「黄金の豚年」生まれのモンゴル人力士っているのかな、と思う。
よほど富と権力を手に入れていることだろう。

おなじみ相撲レファレンスを見ると、こんな風。
表の昭和58年生まれがそう。

白馬、德瀬川、星風…
八百長問題でクビになった人ばっかりである。
モンゴルの干支は日本では通用しないのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。