スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二大関に土、の三日目


稀勢のゆるゆる上手、照ノ富士はやりたい放題

●稀勢の里<東大関2-1>(よりきり)照ノ富士<東前二・2-1>○

立って左四つ、
照ノ富士張り差しから先に上手を引いたが稀勢すぐにこれを切り、
自らが上手を引くもかなり深い位置、
照ノ富士存分に下手を利かせ、
土俵中央ぶんぶん投げで振り回し大関の上手を切ると、
最後は正面に寄り切る。

照ノ富士殊勲の星、ではあったのだが、稀勢の里の上手はあまりに深かった。あれでは照ノ富士にいいように取られても仕方がない。そもそも今回の番狂わせは先場所4日目の対戦時にすでに伏線があって、その時は今回同様稀勢の里が得意の左四つに組み止めたものの、やはり上手が深く、寄り立てては照ノ富士のすくい投げにかわされの繰り返し。最後はどうにか寄り切ったものの、1分を超える長丁場となった。これほど大関の上手が緩いなら、不得手の左四つでも下手でまわしを引けばどうにかなるんじゃないのと相手を舐めきった自信を格下に与えてしまったのだろう。一応照ノ富士立ち合いは上手をねらっていったが、切られてもさして動ぜず。膂力に任せ大関を振り回し、相手の四つでも勝負をしっかりものにした。


カド番琴奨菊、三日目に土

○栃煌山<西小結1-2>(すくい投げ)琴奨菊<西大関2-1>●

立ち合い栃煌山右で相手の左肩を牽制しつつ、巧みに二本差し、
慌てた琴奨菊前に出ながら右から小手に振って左を差そうと試みるも、
逆に栃煌山から左すくい投げに返され、西土俵下に転がる。

琴奨菊は通算成績ここまで14勝10敗と苦手にしている栃煌山。毎回相手得意の双差しを許し、無理に打開しようとしてはいいように返されるというのがいつものパターン。今回も同様の相撲だった。自分不十分なら一旦足を止めてもよさそうなものだが、立ち合いからの圧力が自らの生命線、なのだろうか。


遠藤奮闘努力の日々

●遠藤<東前三・1-2>(あしとり)安美錦<西前三・2-1>○

遠藤立ち合いから突いて出て西土俵に追い込むが、安美錦左へいなす、
遠藤ここは踏みとどまって再度突き、さらに自ら引いて安美錦を翻弄すると、
最後は正面に突いていってふたたび引いたハナ、
安美錦前に落ちながらも遠藤の右足をかろうじて捉え、
そのまま西土俵下へ倒れ込むように遠藤とともに転落。

遠藤は最後左からの投げで振りほどこうとしたが、タコのように絡みつく安美錦の粘りに敵わなかった。それでも今日の突っ張りは堂に入ったもので、安美錦のいなしにも泳ぐことなく、下半身も安定していた。今場所星こそ上がっていないものの、レベルの上がったところは見せている。年末年始は大勢の力士がテレビに顔を出す中「出られる顔じゃない」ということで出演を辞退していたらしい。人気先行と揶揄されて苦しい日々が続いているが、努力のあとは確実に土俵に現れてきた。結果に結びつくのはもう少し先になりそうだが。


カド番豪栄道は高安に一度は相手十分の左四つを許すも、巻きかえ双差しとなって寄り切り2勝1敗とした。

3横綱は安泰。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。