スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日目

逸ノ城、琴奨菊に注文相撲

○逸ノ城<西関脇2-2>(はたきこみ)琴奨菊<西大関2-2>●

立つや逸ノ城右へ変化、
右腕で琴奨菊の首根っこを叩けば大関横転。

館内は大ブーイング。食う方も悪いのだけど。しかし上を目指すルーキーの取る相撲じゃないよねえ。殊勲インタビューではさすがに浮かない顔で受け答え。素質十分の巨漢が消極的な相撲にはまり込んで成長を止めるパタン。把瑠都など記憶に新しいところだが、この人はどうなるか。まあまだ入幕3場所目で気の早い心配だが。


日馬富士よりさらに低空飛行の遠藤の立ち合い

○日馬富士<東横綱4-0>(よりきり)遠藤<東前三・1-3>●

両者低く立って日馬富士突き起こすが遠藤下がらず、
日馬右にいなして左の上手を引き、出し投げで泳がせ赤房に寄り切る。

仕切りの最中、実況の白崎アナから遠藤勝つには?と問われた元北勝力の谷川親方。日馬富士より低く当たることですねと即答。そんなことできますかねと白崎さん、私も同感だったが、親方は「できると思います」と例によってマッチョに断言。フタを開けてみれば意外や意外、遠藤の鋭い当たりは鋭角的な日馬富士よりさらに下を行っていた。結果的にはいなされて好いように取られたが、課題とされた立ち合いの改善は着々と進んでいる。


照ノ富士の巨漢相撲も白鵬には通じず


○白鵬<東横綱4-0>(すくいなげ)照ノ富士<東前二・2-2>●

立ち合い照ノ富士左上手を引くが、白鵬これを切って二本のぞかせる。
照ノ富士その腕を閂で締め上げると横綱も動けず。
白鵬まわしに手を伸ばそうとするが肘が極まりかかって脇の下を抱え込む形に修正。
そのまましばし膠着。
照ノ富士しびれをきらし出るハナ、
白鵬下からあおっておいて左へ体を開けば、左腕がすっぽり抜け、
右からのすくい投げで勝負を決める。

二日目の豪栄道戦同様極めていった照ノ富士だが、さすがに白鵬には通じず。取組前に紹介されたこの人のコメントが出色。「自分は左四つでも行けるけど、今日は右四つで行きたい」「できれば上手が欲しい」「横綱に上手を引かれても、上手を切りに行きたい。最近上手の切り方も覚えたので」これにはさすがに、解説の芝田山親方から「そもそも上手を取られないようにしたほうがいいんじゃないですかねえ」とツッコミが入ったが、最近覚えた上手の切り方を白鵬相手にやってみたいとの無邪気な言い分が微笑ましい。照ノ富士は何やら毎日国技館に遊びに来ているようで、それだけ今は相撲が楽しくて仕方ないのだろう。


四日目終えて全勝白鵬、日馬富士、隠岐の海。
平幕で千代大龍と蒼国来が未だ初日が出ていない。
2人とも体に力が入っていないようでいささか心配。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。