スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九日目


日馬富士、豪栄道を圧倒し1敗堅持

○日馬富士<東横綱8-1>(おしだし)豪栄道<西大関4-5>●

日馬富士鋭く当たって突き起こせば、
豪栄道たまらず右から叩き、
つけ入って日馬富士西土俵へ攻め込み押し出す。

一昨年九州場所以来の賜杯を狙う横綱と、昇進三場所目で早くもカド番危機の大関の対戦。結果は互いの好不調をそのまま表すものに。消極的な相撲振りの豪栄道このままでは陥落必至である。3月の大阪場所は寝屋川出身のこの人にとってご当所場所で、大関のままクニへ帰られるか否かがよく取沙汰される。しかし考えてみれば地元で特にテーマもなく戦うより、大関復帰をかけて土俵に上がる方が盛り上がるかもしれない。


白鵬は逸ノ城を破り全勝維持

○白鵬<東横綱9-0>(よりきり)逸ノ城<西関脇4-5>●

立ち合い一発あたって白鵬左にいなすが、逸ノ城残し、
右四つ、互いに右を差して上手を伺う格好に。
しばし土俵中央静止ののち、白鵬先に上手を引いて正面に寄り切る。

まあこんなものかな、という相撲。白鵬と組みあってから、上手を取りに行く動きのなかった逸ノ城。相手の差し手を絞って上手を狙うような技術がまだ身についていないようで、見ていて歯がゆい。白鵬は中盤の迷走から抜け出してきた、というか、この相手だからうまく取れたということか。


稀勢の里2敗目、右足を負傷か

●稀勢の里<東大関7-2>(つきおとし)琴奨菊<西大関7-2>○

琴奨菊素早く立って左四つで攻め込むも、
稀勢の里左を深く差し下手を引いて堪えれば、琴奨菊の足が止まる。
土俵中央互いに右をおっつけて上手をねらう形から、
琴奨菊のおっつけに稀勢の里突然崩れ右足から転がる。

土俵下稀勢の里立ち上がったものの、行司だまりでしばし動けず。やや間を置いてからようやく土俵に戻り一礼して去る。びっこを引く様子はなかったが、右足に異変があったのは間違いない。ケガのないのが取り柄の稀勢の里だが、この負傷はちょっと心配だ。琴奨菊はカド番脱出へリーチ。


遠藤栃ノ心に快勝

○遠藤<東前三・3-6>(すくいなげ)栃ノ心<西前一・3-6>●

突っ張り合いから右四つ、
栃ノ心得意の左上手に手をかけるが遠藤腰を振って切り、
左を巻きかえ双差しとなって西土俵へ攻め込めば、
栃ノ心右から小手に振るも遠藤左足を切り返し気味にあててこれを防ぎ、
最後は土俵際、相手の小手投げをすくい投げで返して勝利。

立ち合いから攻め込んだ遠藤、栃ノ心の打ってくる手を一つ一つ巧みに返して3勝目。力強くて上手い、遠藤のこういう相撲を待っていた。もっとも土俵際は遠藤の右手と栃ノ心の左手が落ちるのがかなり微妙にも見えたので、確認の物言いくらいはついても良さそうだった。審判部の遠藤びいきは今に始まったことではないが、時に興ざめ。もう少しフェアでもいいと思うのだが。


九日目終えて全勝白鵬、1敗日馬富士の展開。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。