スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十一日目

日馬富士2敗目

●日馬富士<東横綱9-2>(はたきこみ)碧山<東関脇4-7>○

立ち合い日馬富士鋭く当たって攻め込めば、
碧山右へ回り込みつつ左で日馬富士の首根っこを押さえつけ叩きこむ。

日馬富士の攻めは好調な今場所、いつも通りで悪くはなかったのだが。馬力のある相手でいささか勝手が違ったろうか。碧山は殊勲インタビューで「横綱の体重が前にかかっていたので」と冷静に振り返った。先場所の対戦でも碧山が勝っており、そのときは左変化で上手を狙った日馬富士の動きを心得たとばかり見て取って、やはり叩きこみで決めている。相手を呑んでかかっており、横綱をお得意さんにしつつある。


白鵬は落ち着いた取り口で全勝キープ

○白鵬<東横綱11-0>(おしだし)豪栄道<西大関5-6>●

豪栄道右手を牽制気味に出して立つも、
白鵬は意に介さずハナから突っ張り狙い、
突き押しの攻防から相手の出てくるところ左へ回り込み、
よく見ながら赤房に押し出す。

四つでは苦労すると見てか、白鵬は初めから離れて勝負に出た。強いという相撲ではないが、確実に星を取って全勝を維持。


稀勢の里は危うい星を拾って2敗を維持

○稀勢の里<東大関9-2>(つきおとし)安美錦<西前三・5-6>●

立ち合い安美錦二本のぞかせるも、稀勢の里挟みつけて強引に攻め込めば、
安美錦土俵際こらえて左からハズで起こせば稀勢の里右足から大きく浮き上がる、
安美錦そのまま白房へ押し立てるも、
稀勢の里剣ヶ峰左のおっつけから突き落とし、辛くも勝利。

稀勢の里の右の甘さにつけ入って安美錦よく攻めたが、あと一歩およばず。稀勢の里は乱暴な相撲で、これでよく勝ったなという印象。


十一日目終えて、全勝白鵬、2敗で日馬富士、稀勢の里。

白鵬の調子が今一つ上がらないだけに、日馬富士逆転優勝の期待をしていたが、ここで2差。白鵬は内容が悪くても悪いなりに結果を出せる。優勝のプロフェッショナルというか。


遠藤は栃煌山相手に突っ張り合いから相手の圧力にたまらず引いて自滅。負け越しが決定。地力が付いてきたのはよく分かったが、結果に結びつくのはもう少し先か。

琴奨菊は素早い踏み込みから左四つで寄り立て、鶴竜に勝利。カド番脱出。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。