スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十三日目

老獪白鵬、稀勢の里を取り直しの末に下し大鵬越え

○白鵬<東横綱13-0>(おしだし)稀勢の里<東大関10-3>●

立ち合いは一回で成立。
白鵬素早く立ち右から張って右差しを狙うが、稀勢の里が左を差し勝つ、
しかし白鵬構わず左四つで左カイナを返し西土俵に一気に攻め込めば、
稀勢の里土俵際右小手投げに返す。

稀勢の里の左手と白鵬の体、ほぼ同時に落ちて庄之助の軍配は白鵬。
物言いがついて同体取り直し。

取り直しも立ち合いは一回で成立。
白鵬今度は左から張って出るも、
稀勢の里がら空きの脇を逃さず右をハズに入れ押し込めば、
白鵬左から小手に振って体を入れ替え東に突いて出るも、
稀勢の里左ハズで白鵬の上体を起こし、白鵬の腰大いに伸びる、
大チャンスの稀勢の里正面に押し込むが、
白鵬例によって黄金の引き足、突き放して巧みに距離を取って大関の攻めを許さない、
じれた稀勢の里右から張れば、
白鵬したたかに左ハズで付け入り、右もハズに入れて見事両ハズ、
東土俵に押し出して大鵬越え、33度目の優勝を決める。

最初の一番はともかく、取り直しの相撲は稀勢の里がよく攻めた。好機も二度作った。立ち合いの右ハズ、そして何より東土俵押し込まれてからの左ハズ。横綱の右腰は思い切り伸びあがった。正直私は行けると思った。稀勢の里自身も同じ気持ちだったろう。しかし白鵬の身体能力はそれ以上の攻めを許さなかった。これでも駄目なのか、気持ちが切れた瞬間の右張り手、そこをまんまと老獪白鵬につけ込まれた。

悔しいよなあキセ。俺も悔しいよ。でも今日の相撲は誰も君を責めることはできないだろう。


日馬富士も鶴竜に敗れ3敗に

●日馬富士<東横綱10-3>(したてなげ)鶴竜<西横綱10-3>○

立ち合い互いに頭からぶちかまし、
日馬富士右四つで西土俵に寄りたてるも、
鶴竜右の差し手を返して逆襲、
さらに土俵中央左を巻き替えて二本差し、
最後は日馬富士の首投げを左下手投げに返す。

取組後、二人の右の額から出血が見られた。特に「右眼窩内壁骨折」を負っている日馬富士にとって、右の額から当たるのは相当な恐怖心が伴うはず。それでも優勝のチャンスがあった中、これだけの立ち合いを見せたのは立派。ただ気合いが乗りすぎたぶん相撲は雑で、立ち合いから左の上手が深いまま一気に前に出てしまった。


カド番豪栄道遠藤を降し6勝目

●遠藤<東前三・4-9>(おくりだし)豪栄道<西大関6-7>○

左の遠藤と右の豪栄道、ケンカ四つの両者、
立ち合いいずれも差し手から行くが二人とも差せず、
そろって泳いだところ先に立ち直った豪栄道が行司だまりに攻め込めば、
遠藤たまらず右へ回って叩き、
豪栄道逃さず追って右から攻めて横を向かせ最後は送り出す。

向正面の解説は豪栄道の部屋付師匠の元岩木山、関ノ戸親方。悩める大関に対し「差しに行く守りの相撲ではなく、上手から前ミツを取って攻めようよ」とアドバイスを送っているそうな。全くその通りと思うが、星勘定に苦しむ当人の耳にはまるで入っていないようだ。いっそ落ちてしまえよ、楽な立場に戻ってまたキップのいい相撲を見せてくれ、と無責任な立場の相撲好きは思うが。


新三役目指す照ノ富士、妙義龍に完敗

●照ノ富士<東前二・7-6>(おしだし)妙義龍<東前八・8-5>○

立ち合い照ノ富士なかなか腰を下ろさず立ち渋り、一度待った。
仕切りなおして妙義龍、拳をまわして誘うようなモーション、
照ノ富士ゆっくりと応じるように立って成立。

照ノ富士右から張って左を差しに行くが、
妙義龍鋭く立って左ハズ右おっつけで前へ、
たちまち東土俵に攻めこんで最後は両ハズとなって押し出し完勝。

ルーキー照ノ富士は仕切りで焦らして陽動作戦の趣だったが、その手は食わない中堅妙義龍。右こぶしを振りつつオラオラ行くぜ、と構えるところを見せ、結局立ち合いを我が物とした。「十年早いぜ」と言ったかどうかは知らないが、先輩の意地が光った一番。

東二枚目の照ノ富士は勝ち越せば新三役の可能性も大きいところ。大事な一番でこうした面の皮の厚さを見せるのもこの人の魅力だが、無闇に張り差しに行くのは結局可能性を狭めるばかり。逸ノ城同様、少し考え直した方がいいのでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。