スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら白鵬の審判部批判について~その2~


前回のエントリーの続きです。


このたびの騒動は、白鵬自身がバラエティ番組で謝罪するかたちで、
いちおうの決着を見たようです。

ただそれでも私は個人的に、まだ釈然としていません。
誰に謝ったのか分からない、
何を謝ったのか分からないといった話ではなく。

謝罪うんぬん以前に、
白鵬は先に述べたような日本人の好む、
「抑制の美」あるいは「謙譲の美」といったものを、
あまり理解してくれていないように常々感じるからです。

具体的にいえば、千秋楽の優勝インタビュー。
回数を重ね、記録を伸ばすにつれ、ますます饒舌になっている。

独断偏見を承知で書きますが、お相撲さんがあそこまでおしゃべりで良いものでしょうか。
私は正直、疑問に思います。
トーク番組ならともかく、優勝インタビューという公の場で、
力士があんなにペラペラしゃべるべきではない。

(幸い文字に起こしてくださっている方がおられるので、リンクを貼らせていただきます。
例として昨年9月場所11月場所、今年1月場所のインタビュー全文)

さらに私が違和感を感じるのは、口数ばかりではありません。
発言の内容も、どうかと思うものが少なくない。

観客に大鵬さんへの黙祷を求めたことがありましたが、
いかに自分が尊敬する大先輩とはいえ、やり過ぎでした。

「モンゴルから来た62キロの少年がここまでになった」という言葉も、
自分を誇りに思うのは結構ですが、内に秘めておけばいい事。

マイクを通じて自分の奥さんを褒めるなどというのも、
うち帰ってからやれよと言いたい。

いちいち引っかかるのも馬鹿げていますが、
大相撲の横綱としては何とも頼りない印象があります。

土俵上での強さは絶対的なだけに、その言葉の弱さは、
著しいコントラストを描いて聞くものを失望させます。


ただ、一方的に白鵬を断罪するのは、私にもためらわれる。

というのは、彼の過剰なまでのコメントには、
自分に反感を抱く一部の日本人(そこにはも含まれますが)に対し、
彼なりに歩み寄ろうとするような、
時には許しを請うような思いも感じられるからです。

私のような頑迷な相撲ファンの、白鵬に対する気持ちは複雑です。
よその国から来た青年が、いちから日本語を覚え、
新たな文化慣習に身を染め、頂点に立った。
応援してやりたい気持ちは当然ある。
しかし、相撲史に残る記録を次々塗り替えていくとまでなると、
心のどこかで抵抗を覚えてしまう。
どうにか日本人に阻止してほしいと願ってしまう。

同じような気持ちを持っている人は少なくないようで。
それが露骨に表れたのが、おととし九州場所の14日目。
稀勢の里が白鵬を破ったときの「万歳事件」だったのでしょう。

自分に向けられる、一部の偏狭な日本人の敵意。
どうにかなだめられないものか。
その努力の一環が、あのインタビューでの多弁な受け答えのように思います。

先にあげた大鵬さんへの黙祷。
一力士としては出過ぎた真似でした。
しかし見方によっては、
「日本人の皆さんと同様に、ワタクシも大鵬さんを敬愛しております」という、
白鵬流のメッセージとも取れる。

事あるごとに双葉山の名を口にするのも、
実際彼自身尊敬しているのは分かりますが、同時に、
「日本の皆さんが角聖と呼ぶ方を、ワタクシも仰ぎ見ております」
どこかそんな含意があるのではないでしょうか。

昨年九州場所では明治天皇への言及もありました。
現代の日本人がみな、外国人から明治天皇を讃えられてそれほど喜ぶかどうか。
正直疑問ではあります。
ただ白鵬が「日本の皆さんが敬う天皇家を、ワタクシも崇拝しておるのです」
そう伝えたいことだけは、よく分かりました。


しかし前回のエントリーで述べたように、
日本人の多くが国技大相撲の力士に望むのは、
寡黙な、古武士のような振る舞いです。

白鵬は日本人に愛されようと、懸命にリップサービスに励みます。
ところが励めば励むほど、彼は日本人好みの力士らしさを失ってゆく。
天下無双の横綱が、まるで舌先三寸の営業マンのような、軽いものに見えてしまう。
努力とは裏腹に、偏屈な日本人の心はますます彼から遠ざかっていく。

そんな皮肉な状況が、ここ数年の白鵬を取り巻いているように思えてなりません。


人間孤独を味わうと、どうしてもこの世ならぬものに心を引かれます。
昨年九州場所、大鵬に並ぶ32回目の優勝を果たしたときのインタビューに、
こんなフレーズがありました。

「この国の魂と、相撲の神様が認めてくれたから、この結果があると思います」

大仰でキザなセリフだな、と白鵬嫌いの私は当時感じました。
しかし今になって彼を取り巻く状況を考えると、分からなくもないような。

異国の地へ裸一貫やってきて、
番付の頂点を、さらにその先をめざし懸命に取り組んできた。
だが、自分の活躍を日本人皆が認めてくれるわけでは決してない。
オレのやっていることは正しいのだろうか。

そう自問自答する中、彼が拠りどころとして見出したもの。
それが、目の前に生きる現実の日本人ではなく、
その向こう側にあるより大きなものだったのではないでしょうか。

日本人一人一人は必ずしもオレを応援してくれるわけではない。
しかしその根本にあるこの国の魂、あるいは国技相撲の神様、
それはきっと自分の活躍を喜んでくれるはずだ。
そう自らに言い聞かせながら、彼は土俵に臨んでいたのかも知れない。


逆にいえば、白鵬はそこまで追い込まれていた。

せっかくの偉業に自ら泥を塗った今回の舌禍事件。
傍で見る者には一見不可解な言動でした。

されど、裏にはこうした、文字通り神にもすがる思いの白鵬自身の孤独があった。
そこに記録の達成が引き金となって、積もり積もったものが爆発したのでしょう。


しつこいようですが、この件についてはもうちょっと書きます。
また稿を改めて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。
>>トーク番組ならともかく、優勝インタビューという公の場で、
力士があんなにペラペラしゃべるべきではない。

こうおっしゃいますが、
優勝インタビューは、観客やテレビ観戦のファンへのサービスのためにやっているはずです。となると、多少のリップサービスなどを含めて「聞く者を楽しませる」要素も必要かと。

優勝が日馬富士のように数回ならともかく、ましてや白鵬は33回も優勝してますし。しゃべる内容が毎回毎回同じじゃつまらないでしょう。

レオンさんコメントありがとうございます

初めまして、コメントありがとうございます。

まあ人それぞれ、感じ方は違うでしょうね。
しかし私などは、白鵬のリップサービスはやはり過剰に思います。

「聞くものを楽しませる」要素は必要かもしれませんが、
少なくとも私は、彼のおしゃべりを聞いていても、
ちっとも楽しくならないのですよ。

ただそこには、白鵬なりの配慮が間違いなくある。
外国人として日本の国技で第一人者を務める上での、
ファンへの気遣いが確かにある。
でも何か違う、そんな思いです。

ただレオンさんのように理解する方もいるわけですし。
そういう人のほうが世には多いのかも知れません。
しかし私はむしろ、毎回同じでつまらなくても構わないから、
お相撲さんらしく口の重いインタビューの方に好感を覚えます。

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。