スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセ黒星発進の初日

稀勢の里は黒星スタート

●稀勢の里<東大関0-1>(おしだし)栃煌山<東前一・1-0>○

栃煌山鋭く当たって左ハズ右おっつけで押し込めば、
稀勢の里左からすくって距離を取る、
されど出足にまさる栃煌山、軽く突いて得意の二本差し、
行司だまりに攻め込んで押し出す。

立ち合いから防戦一方だった稀勢の里。
栃煌山との取組では毎回脇の甘さを露呈するが、今回も同様。
腰の構えも高く、いいところがなかった。

この人に優勝争いを期待するのは、もはや虚しい。
最近は土俵に上がってくれればそれでいいかな、と思うようになってきた。


対白鵬で光った妙義龍の工夫

○白鵬<東横綱1-0>(おしたおし)妙義龍<西小結0-1>●

妙義龍、立ち合い両手で白鵬の右肩を突く奇襲、
白鵬構わず前に出るところを妙義龍右へいなせば、
横綱ちょっと泳ぐもすぐ立ち直る。
逆にいなした妙義龍が白鵬の出足にたたらを踏む格好、
何とか踏みとどまってフトコロへ飛び込むも、頭が低すぎ、
最後は黒房下で潰される。

結果には繋がらなかったが、妙義龍の工夫が光った。
右を差してくる白鵬の肩を両手で突いて牽制、
そこから左へ回り込んでいなすと、さすがの白鵬も若干泳いだ。

横綱の圧力が強烈だったので自身もバランスを失い、
最後は押し倒された。
それでも一丁やってやろうという気概は感じ取れた。
いいトライだった。


(後日追記:「いいトライだった」とリアルタイムでは思ったのだが、翌日のテレビ中継で妙義龍の談話が紹介され、当人は普通に左からおっつけに行っただけだったことが判明。白鵬の踏み込みが早く、かつ上手を引きに上体を左に傾けていたので、たまたま妙義龍の両手が白鵬の右肩にかかったということらしい。何だかこちらがいなされた気分)

白鵬は万全の相撲ではなかったが、まずは白星発進。
舌禍事件に関してはほぼダンマリを決め込んでいるようだ。
この件の後遺症で相撲が崩れてくれれば、少しは優勝争いも面白くなる。
しかし当人は案外、今場所も優勝して、千秋楽のインタビューで派手にファンに謝罪…
といったシナリオを描いていそうな気もしないでもない。


ハウッ!

場所前に力士会で、白鵬から例の雄たけびをやめろと厳命された千代鳳と琴勇輝。
いくら横綱でも出過ぎた真似で、審判部は当てつけるように初日から割を組んだ。
結果琴勇輝は敢行、千代鳳は無言。
相撲は千代鳳が勝ったのだが、コメントがよかった。




稀勢の里以外の横綱大関陣は安泰。

鶴竜は今場所左肩腱板損傷で初日から休場。
横綱ともなるとあまりみっともない相撲は見せられない。
そのための休場なのだろうが、大関のままだったら幾分状況は違っていたように思う。
この先どれくらい相撲が取れるか分からないが、
個人的には大関で長く取ってほしかった思いが強い。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。