スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キセはどこか悪いのか、の二日目

稀勢の里初日から2連敗

●稀勢の里<東大関0-2>(よりきり)妙義龍<西小結1-1>○

妙義龍鋭く立って二本差し、前へ出れば、
受けて立った稀勢の里、左から小手に巻いて振るも、
妙義龍動じず、腰を落として行司だまりに寄りたて寄り切る。

稀勢の里は初日から2連敗。
いずれも立ち合いから腰高で、得意の左も入らず、全くいいところが無かった。
どこか悪いのか、心配になる相撲。

初日の栃煌山はもともと苦手な相手だけに、まだ敗れるのも分かる。
しかし妙義龍には、いつも左を強引にねじ込んで力で圧倒するような相撲が多かった。
それすらままならない今場所。はて大丈夫か。


臥薪嘗胆の宝富士、初日を出す

○宝富士<西前二・1-1>(つきおとし)隠岐の海<西関脇0-2>●

左四つの両者、左下手を引き合って、互いにおっつけながら上手を伺う格好。
1分経過したところで宝富士、おっつけながら東土俵に寄れば、
隠岐の海右から小手に振って逃れ、青房に寄りたてるも、
今度は宝富士が右から小手に振って逃れる。
しかし隠岐の海、なんのとしぶとく喰らいついて二本のぞかせ、再度寄りたてれば、
宝富士は土俵を半周しながら逃げ回り、白房で逆転の右突き落としに屠る。

相四つの両者が好勝負を見せた。
仕切り時間にレポーターから伝えられた、宝富士のコメントがまた秀逸で。
先場所の千秋楽、同部屋の照ノ富士と共に、勝てば新三役の同じ条件のもと、
自分だけが負けて、弟弟子の後塵を拝す結果となった件について。

「千秋楽の打ち上げで、照ノ富士が周りからおめでとうと言われているのを見て、本当に悔しかった。
この悔しさをバネに稽古してきた。今場所は必ず勝ち越して三役をつかみます」

グッとくる話。頑張れ宝富士。


遠藤が初日

●豪風<東前四・0-2>(おしだし)遠藤<西前五・1-1>○

遠藤素早く立って二本入り、双ハズ気味に前へ出れば、
豪風たまらず右へいなすところ、
遠藤腰を落として追随、赤房に押し出す。

人気者遠藤が初日。
この日テレビ解説の尾車、谷川両親方いわく、
遠藤はもう少し上半身に筋肉が欲しい、とのこと。

特に筋肉マニアの谷川親方からは
「大胸筋から三角筋あたりに肉が欲しい」との御言葉。
三角筋とはこのあたりのこと。なるほど。


今日も稀勢の里以外の横綱大関陣は安泰。
特に地元大阪で張り切る豪栄道の好調さが光る。
カド番でおっかなびっくり取っていた先場所とは好対照に、積極的な攻め口が目立つ。
やればできまんがな。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。