スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照ノ富士の二枚腰に唖然茫然の六日目

照ノ富士、驚異の二枚腰で双差しの栃煌山を粉砕

○照ノ富士<東関脇6-0>(よりきり)栃煌山<東前一・2-4>●

立ち合い栃煌山差し勝って双差しに。万全の体勢。
向正面に寄り立てるが、照ノ富士抱え込んで重い腰で残す。

照ノ富士肩越しに左上手を求めるが、
逆に栃煌山右を深くし、今度は西土俵に寄りたてるも、
照ノ富士まだ残す。

これでも駄目かと栃煌山、息の上がるところ、
照ノ富士右おっつけから右を差し、向上面に寄って出れば、
栃煌山は左小手投げに逃れようとするも、
照ノ富士右腕を突きつけて寄り切る。

横綱大関陣さえ恐れる栃煌山の二本差し。
この形を許しながら、物ともせずに残してしまった照ノ富士。
あまりの二枚腰に驚愕させられる。

誰もが避けようとする地雷をあっさり踏んでおいて、
それでも傷一つ負わず悠然と歩いていくような、そんな取り口だった。

十五日制となって以降、新関脇で6連勝というのは史上初なのだとか。
確かに難しい記録だろう。
好成績を収めた前場所、小結や平幕上位のときと対戦相手は変わらなくても、
今度は周囲がしっかりと研究してくるのだから。

この日の栃煌山は巧みな前さばきで、自分十分の形を作った。
相手の右四つを封じ、研究のあとはよく出ていた。
しかしそれ以上のポテンシャルが照ノ富士にはあったわけで、
もうどうしようもなかった。


逸ノ城が琴奨菊に大関相撲

○逸ノ城<西前一・4-2>(よりきり)琴奨菊<西大関4-2>●

琴奨菊鋭く立つも得意の左は入らず、逸ノ城の右差しを許す。
相手得意の右四つだが構わず赤房に寄り立てるも、逸ノ城どっしりと残し、
右からすくって左の上手をつかみ白房に出て、
大関をあしらうように寄り切る。

相手の攻めを受けながらも、大事なポイントはしっかりと抑え、
最後は勝利を手にした逸ノ城。
どちらが大関か分からない相撲だった。

もっとも立ち合いから一気の攻めが身上の琴奨菊としては、
例え相手の四つでも勝負をかける以外なかったのだろうが。


妙義龍と宝富士の熱戦

●宝富士<西前二・1-5>(よりきり)妙義龍<西小結4-2>○

立ち合い妙義龍得意の二本差して東土俵に攻めこむが、
宝富士左を巻き替えこちらも得意の左四つで土俵中央に戻す、
しかし妙義龍右を巻き替え再度双差し、寄り立てれば、
宝富士も負けじと左から巻き替え返す、目まぐるしい攻防。
土俵中央、妙義龍二本のぞかせ頭をつければ、
宝富士も体勢を低くし、両腕でおっつけて対峙。
しばしもみ合ったのち、最後は妙義龍が機を見て左から差して中に入り、
行司だまりに寄り切った。

互いのスタイルをぶつけ合った好勝負。
二本差し速攻の妙義龍と、左差しにこだわる宝富士。
この日のベストバウトだった。
最後は虚を突いて左から攻め立てた妙義龍の上手さも良かった。

それにしても勝ち越し新三役を目指す宝富士はこれで5敗目。
先場所の雪辱を晴らしてほしいが、難しくなってきたろうか。


豪栄道は左から張って右をのぞかせ一気に前へでるところ、
豪風のはたきを喰らって2敗目。
稀勢の里は玉鷲に危なげなく勝利。
両横綱は安泰。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。