スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国産力士の意地が光る八日目

日馬ワンパターン相撲で自滅、栃ノ心に初金星を配給

○栃ノ心<西前四・5-3>(はたきこみ)日馬富士<西横綱6-2>●

立ち合い日馬富士左へ変化、上手に手を伸ばすも、
これは読んでいた栃ノ心、くるり反転して正対、
猛烈に突きたてると、頭を下げてきた横綱をすかさず左へ叩きこむ。

横綱の変化は十分頭にあった栃ノ心。意外にも初金星なのだとか。

日馬富士は最近よく用いる手であったが、
こう頻繁に繰り出しては、さすがに相手にも読まれてしまう。
ワンパターンで自滅したかっこう。これで2敗と賜杯がやや遠くなった。


稀勢の里が照ノ富士の連勝を止める

○稀勢の里<東大関5-3>(よりきり)照ノ富士<東関脇7-1>●

右照ノ富士、左稀勢の里のケンカ四つ。
立ち合い稀勢の里左を固め強く当たれば、照ノ富士の右は入らず、
さらに左からおっつければ、照ノ富士これはいかんと腕を抜く。
稀勢の里逃さず左を差し、右も入って二本差しで前へ。
照ノ富士苦し紛れに左を巻き替えるところ、さらに攻め込んで赤房に寄り切る。

7連勝と波に乗るルーキーを、大関が左からの強烈な攻めで粉砕。
立ち合いからフィニッシュまで、見事な大関相撲だった。
初日からこんな相撲が取れれば…と言っても仕方ないのだが、
どうして今頃3敗もしているのか。

あっ、でも土俵に上がってくれればそれでいいって初日に書いたんだっけ。
いかん、修業が足りない。


逸ノ城は栃煌山に敗れ五分の星

○栃煌山<東前一・4-4>(よりきり)逸ノ城<西前一・4-4>●

立ち合い激しくもみ合ったが、逸ノ城右をのぞかせる。
すかさず栃煌山左の上手を引き、右で頭をおさえて出し投げを連発。
逸ノ城これはこらえたが、栃煌山左を浅く取って頭をつけ、右の差し手を返す形。
逸ノ城の上手を許さない。
機とみて栃煌山左を巻き替えると、双差しとなって西土俵に寄れば、
逸ノ城に残す腰無く、あっさり土俵を割る。

栃煌山の意地もよかったが、連日横からの攻めにもろさを露呈する逸ノ城。
直線的な凌ぎあいならお手の物で、今場所も1横綱2大関を破っているのだが。
自分の右から取られると、全く冴えない。


昨日まで全勝だった安美錦は、嘉風のはたきを喰らい土がついた。
白鵬は豊ノ島相手に盤石の強さを見せる。

これで全勝白鵬ただひとり、1敗が照ノ富士と安美錦の伊勢ケ浜コンビ。
このさき星を落とすとしてもせいぜい2敗の白鵬に対し、
1敗の2人が千秋楽まで全勝をキープできるとは到底考えにくい。
賜杯の行方は中日にしてほぼ決まったようである。
たまには大関陣がよってたかって白鵬を潰すような場所を見てみたいものだが…


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

うぃぬっ

Author:うぃぬっ
相撲の好きな犬。新潟県在住。近眼。千代の富士の時代に相撲を見始め、若貴時代はヒネくれていたのであまり見ず、朝青龍のときにまた見始めて現在に至る。

リンク
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
参加中
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。